1. ホームページ:
  2. Yパス

Yパス

Yパスを使用する理由

Yパスは、コントローラー経由で迂回することなくこの95 %のプロセスデータを直接提供します。ITと自動化技術が、センサーからSAP®まで、初めてシンプルで経済的な方法で統合されました。

次の分野で、Yパスのメリットを活用してインテリジェントソリューションを実現できます。

  • 状態監視
  • エネルギー監視
  • 品質監視
  • トラック&トレース
  • リモートサービス

工場のネットワーク化のためのインターフェース

ハードウェアコンポーネントとソフトウェアコンポーネントにより、接続されているすべてのセンサーとアクチュエーターを、Ethernetネットワーク経由でローカルサーバーに直接ネットワーク接続できます。この接続を使用して、機械データ、プロセスパラメータ、および診断データを直接読み取ってITで処理できます。

使いやすいサーバーソフトウェアLINERECORDER SMART OBVSERVERを使用して、ユーザ仕様のコックピットでデータ診断が行えます。同じ通信メカニズムを使用して、機械を直接カップリングして製造関係のデータを交換できます。

PLCがどのセンサーデータをプロセス制御レベルに伝送するかを、PLCプログラム内で定義する必要があります。レポートと分析も上位レベルに伝送できます。このための前提条件は、PLCプログラムの追加調整です。

センサーからSAPまで

センサーデータを直接ビジネスソフトウェアに伝送できるようになりました。これは史上初で、しかも工場全体、さらに世界全体のレベルで実行できます。取得データをリアルタイムで診断することにより、インダストリー4.0に照らして生産効率の向上と省エネルギーを実現します。

Yパスでスマートファクトリーを実現

インダストリー4.0では、マシンとセンサーデータを完全にネットワーク化して広範囲に利用することが目標として宣言されています。簡単そうですが、実際にはさまざまな障害が原因で失敗します。