1. ホームページ:
  2. Yパス
  3. トラック&トレース

ifmのYパスによるトラック&トレース

生産からロジスティクスまで - 生産の不良率を削減トレーサビリティを使用して追跡を行い、全ての生産パラメータの品質を保証: 製品がいつどこで、どのような条件で製造されたかがわかります。

品質に関する重要な数字を適時に監視できるため、製品のトレーサビリティによって品質関連のダウンタイムを削減できます。これには歩留まりの向上並びに社内不適合コストの削減が含まれます。また、製品トレーサビリティにより、リコールの際に償還請求から保護できます。

レポート

  • 期間、製造日
  • 製品タイプ (製品コード番号)
  • 製品シリーズ (ロット番号)
  • 生産部品 (部品番号)、使用部品 (関係バッチ)

次の方法による製品関係の全データの記録

  • バーコードまたはデータマトリックスコード
  • ICカード
  • 磁気カード
  • RFID、など

ロジスティクスにおけるトレーサビリティ

  • RFIDなどにより、すべての商品を任意の時点で自動記録
  • 在庫エラーの回避および商品在庫量と材料在庫の最適化
  • 在庫と注文または納品との間の、目標/実際の自動比較
  • 実世界の状況をシステム内に完全に再現

アプリケーション事例: トラック&トレース

生産からロジスティクスまで - 生産を監視し不良率を低減