1. ホームページ:
  2. Yパス
  3. 品質監視

ifmのYパスによる品質監視

マシンのデータを選択的に取得することにより、機器の全体的な有効性を向上させることができます。LINERECORDERモジュールMDEを使用すれば、機器のパフォーマンスの実際値を表示して、最適化の可能性を発見できます。

可能性を活用:

  • 生産コスト削減
  • 生産の透明性向上
  • 機器の全体的な有効性、システムパフォーマンス、可用性を改善
  • 機械関係のイベントのログ記録
  • ユーザー関係のイベントのログ記録
  • データ (時間、マシン、イベント) の評価
  • マシン、個々のライン、工具、材料など、生産設備の最適化

LINERECORDERモジュールMDEを使用すれば、重要な生産パラメータを解析して文書化できます。マシンの稼働率や生産の有効性に加えて、障害の場所に関する情報を、MDEモジュールによって実装できます。

次の規格でのマシンの稼働時間データの取得

  • OEE
  • SEMI規格
  • VDI 3423およびVDMA 66412

歩留まりのレポートが可能

  • 合格/不合格
  • 不良率
  • 品質係数
  • 力率
  • 稼働率
  • OEEインジケーター

アプリケーション事例: 品質監視