1. ホームページ:
  2. Yパス
  3. 状態監視

ifmのYパスによる状態監視

状態監視はインダストリー4.0の観点から、重要な要素です。センサーは、メンテナンスの計画と生産休止中の実行に使用されるデータを供給します。

可能性を活用:

  • 解析用に誤差のないセンサー信号: 気体や液体の消費データは、ITインフラストラクチャーに誤差や干渉なしで伝送されます。
  • センサーからの複数のプロセス関連値、たとえば流量や温度を、IO-Link経由でSM9000で評価
  • さまざまなプロセス値をLINERECORDER SMART OBSERVERに組み合わせて表示することにより、マシンの状況をよりよく解釈できます


スターターキットでSMARTOBSERVERをお試しください。

LINERECORDER SMART OBSERVERソフトウェア

ifmのLINERECORDER SMART OBSERVERソフトウェアは、システムの状態監視およびエネルギー消費の観察に使用されます。汎用の評価オプションと、対応するアラームシナリオを利用して、次のように状況を解析できます。

  • アラームの管理
  • 現在の状態の表示
  • 過去の比較対象値の同時表示
  • 同じ時間範囲内の複数のプロセス値の観察
  • 複数の状態の相関

オンライン監視

ユーザーは、場所と時間に関係なくすべての取得データ、解析、アラームにアクセスできます。製造環境からのウェブベースのすべての情報と機能に、世界中どこからでもセキュアにアクセスして処理でき、事故があった場合にはテキストメッセージまたはメールで直ちにユーザーに通知されます。

アプリケーション事例: 状態監視

Produktübersicht: