1. ホームページ:
  2. Yパス
  3. エネルギー監視

ifmのYパスによるエネルギー監視

エネルギー消費とその結果のコストは、効率的な生産に大きな影響を及ぼす要素です。エネルギー消費を正しく評価して将来の削減対策を取ることができるようにするには、これらの値を長期にわたって継続的に監視するしかありません。

可能性を活用:

  • エネルギー最適化のための消費データ: LINERECORDER SMART OBSERVERのコックピットにおける、圧力、消費、および速度の関係の最適化
  • SAP評価用の、タイムスタンプ付きの順序に関連する消費データ
  • すべての重要なフィールドバス経由で、バルブの制御とエンドポジションのフィードバック
  • IT接続の設定のためのローカル表示
  • マシンサイクルとバルブのスイッチング動作のカウンター
  • 柔軟な拡張
  • タイムスタンプ付きのローカルデータのバッファリング

LINERECORDER SMART OBSERVERソフトウェア

ifmのSMART OBSERVERソフトウェアは、システムの状態監視およびエネルギー消費の観察に使用されます。汎用の評価オプションと、対応するアラームシナリオを利用して、次のように状況を解析できます。

  • 現在の状態の表示
  • 過去の比較対象値の同時表示
  • さまざまな時間範囲の解析
  • 同じ時間範囲内の複数のプロセス値の観察
  • 複数の状態の相関
  • お気に入りを簡単に整理
  • アラームの管理

オンライン監視

ユーザーは、場所と時間に関係なくすべての取得データ、解析、アラームにアクセスできます。製造環境からのウェブベースのすべての情報と機能に、世界中どこからでもセキュアにアクセスして処理でき、事故があった場合にはテキストメッセージまたはメールで直ちにユーザーに通知されます。

LINERECORDER SMART OBSERVER

企業のRAMAPLASTの場合のエネルギー管理

アプリケーション事例: エネルギー監視