You probably do not come from: Japan.  If necessary, change to: United States

持続可能な行動がモットーです

今後、世界はどうなっていくのでしょうか。ifmは、製品開発に関してだけではなく、革新的テクノロジや新しい働き方についても、この質問を自問しています。環境問題は、日常的な意思決定や行動にも大きく関わっています。

「私たちは皆、社会的、経済的、環境的な面を考慮に入れた未来に
責任があるからです。」

自分たちの行動の結果を認識し、その影響を最小化するためのソリューションや新しい方法を、手遅れにならないうちに探し始めなければ、この責任を果たすことはできません。当社にとって、これは短期的な成功に頼るのではなく、長期的目標に責任をもって確実に追及することを意味しています。その過程で、当社の戦略的アプローチと対策に加えて、包括的な持続可能性プログラムを含む、第2版持続可能性レポート(2020)を推奨したいと思います。

あらゆる点で持続可能な行動がモットーです。このことは、1990年に作成された企業理念で既に述べられています。

「ifmは環境に配慮した選択決定と実践を求め、
これを推進します。」

ifmグループは、50年以上にわたってこの当社を導く原則に従ってきました。そうすることにおいて、法的要件を超えることもしばしばあり、とりわけ地球規模の気候変動と欧州グリーンディールの先駆的措置がそれです。生物多様性やエネルギ、モビリティなどの問題への注目が高まることで、さらにその考え方に自信を得てきました。

一つ言える確かなことは:

「社会的相互作用、経済力、環境保護が相反するものではなく、効率的で社会的にバランスが取れ、環境的にも両立できる開発が必要です。」

そのためには、さらなる貢献が必要なことも認識しています。そうすることで初めて、世界的な社会的かつ環境的課題を解決することができるのです。これまで、当社は一体となって持続可能な活動をする企業であると自負してきました。現在、サステナブルな活動を積極的に推し進め、今後重要になる問題を追及していきたいと考えています。ifmグループにとってこれが何を意味するのかを詳しくご説明します。

サステナビリティの3つの柱

持続可能な方法で活動する企業として、ifmでは経済的、環境的、社会的側面を調和させ、組織内にしっかりと根付かせるという目標を設定しています。

当社のサステナビリティの指針は、あらゆる意思決定と行動において、サステナビリティの3つの柱である経済環境(エコロジー)、社会的問題でバランスの取れた方法を行動原則としています。環境保護、社会的原則と経済的安定性の促進などの問題は、新しいものではありませんが、近年さらに重視されています。

ifmはこうした背景の下、経済最適の原則に従って行動し、この3つの側面すべてのバランスとコミットメントを求めて努力しています。

「将来に目を向けて、高いセキュリティ体制を実現しながら成長する
という原則にも従っています。」