You probably do not come from: Japan.  If necessary, change to: United States
  1. ホームページ:
  2. 食品衛生管理法HACCP

食品衛生管理法HACCP

食品関連全事業者に義務化されるHACCPの準備はできていますか?

対象業種例:

畜産食料品、水産食料品、缶詰、調味料、糖類、精穀、製粉、清涼飲料水、酒類、茶、コーヒー、製氷 など

ビデオシリーズ:HACCP対策

HACCP対策向けハイジェニック温度センサ&圧力センサ

既存設備に取付けることでセンサデータを活用し、生産効率向上サポート

CIS/SIP終了管理にコンパクトな導電率センサ

バルブの状態監視

Q: HACCPとは?
A: 食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード; Hazard)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理(CCP; 必須管理点)し、製品の安全性を確保する衛生管理の手法です。

Q: 日本での義務化はいつ?
A: 2020年6月から義務化が開始され、2021年6月から完全義務化

Q: 対応しないとどうなる?
A: 罰則は現時点では未定だけれども、条例にて罰則が定められる可能性も…
“都道府県知事等は、公衆衛生上必要な措置について、第一項の規定により定められた基準に反しない限り、条例で必要な規定を定めることができる。- 食品衛生法“

Q: 早めに導入するメリットは?
A: HACCPを行う際に重要となる管理方法の徹底と記録により、自社製品の食中毒や異物混入などの事故をいち早く予防することができます。

Q: 義務化の対象は?
A: 小規模飲食店なども含む全食品関連事業者。規模により対象内容が異なる