1. ホームページ:
  2. 食品・飲料向けソリューション

食品・飲料産業の市場要件にタイムリーに対応

食品・飲料産業は大きな変革期にあります。

消費者は食品に対し、バラエティ豊かな選択肢と、より多くの機能性を期待しており、食料品の安定した供給への要求も厳しくなっています。 そして、消費者は、このようなサービスに対しては価格が高くなってもかまわないとも考えています。

液状食品や飲料の生産は、わずか数年前と比較しても非常に多様化しています。消費者の需要の高まりは、食品メーカーの生産プロセスに大きな影響を及ぼします。 それは、より柔軟に複雑な生産プロセスへの対応が必要になります。それにより、生産中のダウンタイムや不良品のリスクが高まります。ビール産業の特徴的な数字を見ると、生産不良が痛切なコストになり得ることが分かります。 生産の非効率性による損失は全世界で年間9,960億円にも上っているのです。つまり、この損失が支出全体の1/20を占めていることになります。

直接ソリューションへ

複雑化するということは、多様なプロセスへの最適化により利益をアップするチャンスにもなります。そのために食品メーカーに必要なことは:

  1. バラエティ豊かな製品を確保できるよう、迅速に製品の切り替えができるシステムをセットアップ。
  2. 製品の切り替えにかかる時間とコストを抑え、システムの最適な効率を確保。
  3. できる限り早い段階で障害の原因を検知できるようプロセスを監視し、生産ダウンタイムやロス、品質欠陥を防止。
  4. 消費者が安定した供給を確信できる、分かり易く持続可能な生産プロセス設計。

ifmは、オートメーション化に画期的なソリューションを提供します

当社が紹介する画期的なオートメーションソリューションで、御社が食品生産の新しい要求に対し、技術面で競合に遅れを取らずに対応することができるようにサポートします。 下の各ページで、ifmのソリューションでシステムの稼働率、性能、品質の向上が図れることを紹介しています。 たとえばIO-Link対応のレベルセンサを使用すればタンクのレベルを高い精度で監視でき、リアルタイムでダッシュボードに表示することで生産の損失を回避できます。
その他のソリューションは、下のページをクリックしてください。