You probably do not come from: Japan.  If necessary, change to: United States
  1. 製品ニュース
  2. 建機・特装車用システム
  3. ioControl – コントローラ内蔵の堅牢なI/Oモジュール

ioControl – コントローラ内蔵の堅牢なI/Oモジュール

  • 高い保護等級とDEUTSCH社製コネクタまたはM12コネクタを備えたモバイルアプリケーション向けのI/Oモジュール
  • CODESYSプログラミング可能な独立したミニコントローラとして使用可能
  • パラメータ設定用のディスプレイおよびキーボードインターフェース
  • 設定可能な入出力機能
  • CANopenおよびJ1939プロトコルを備えた2つのCANインターフェース

分散型I/Oモジュールとミニコントローラが1台に

ioControlは分散I/OモジュールがCANバスでコントローラに接続されています。コントローラ側ではなくリモートマシンの部品上、まさに信号が生成される場所に取付けられます。保護等級が高いため、濡れたり汚れの激しい屋外の場所への設置にも適しています。DEUTSCHコネクタまたは代替のM12コネクタは、モバイルオートメーション分野で広く使用されており、センサとアクチュエータを容易かつ安全に接続できます。CANバスのネットワークは、配線済みのドロップケーブルで行われます。ioControlは設定可能なI/Oモジュールとしても、現場でミニコントローラとしても使用できます。プログラミングシステムとしてはCODESYSを使用します。

特徴とメリット

ioControlシステムの分散型I/Oモジュールは、バイナリセンサおよびアナログセンサを、CANopenプロトコルを使用してCANバス経由で接続します。さらに、I/Oモジュールには信号処理用の追加機能もあります。コンパクトなグラスファイバ強化外装は、モバイルでの使用に適した逆接続保護機能付きのDEUTSCH社製コネクタまたはM12コネクタを備え、入力、出力、通信、およびプログラミングに必要なすべての接続に対応します。キーボード付きの内蔵の2色LEDディスプレイは、ほとんどの重要なシステムメッセージ、ボーレート、ノード数に加えて、デバイス設定を示すのに役立ちます。広範な接続ケーブルで、このソリューションは完璧です。

設定可能な入力および出力

設定可能な入力および出力により、高いレベルの柔軟性が得られます。アナログ入力とデジタル入力を選択できます。アナログ入力は電流入力(0~20 mA)または電圧入力(0~10 V / 0~32 V)として設定できます。デジタルおよびアナログのI/Oモジュールには、プロファイルDSP 401が定義されています。モジュールの入出力機能はデバイスのオブジェクトディレクトリ経由で設定されます。

電子機器

コントローラの中心部は、モバイルアプリケーションの電子機器に適用される規格に準拠して設計され、現代的な32ビットプロセッサです。監視機能と保護機能により、極端な動作条件下でも信頼性の高い動作が可能です。

CODESYSを使用してIEC 61131-3に従って設定可能

I/Oモジュールとしてのアプリケーションの他に、すべての装置はCANopenおよびJ1939などを備えた自由にプログラミング可能なミニコントローラとしても使用できます。プログラミングは標準化されたIEC 61131-3言語によるCODESYSで行われ、ユーザはアプリケーションソフトウェアを簡単に構築できます。さらに、コントローラの特殊機能向けのライブラリも利用可能です。

通信インターフェース

ioControlには、プログラミングと、接続されたモジュール、コントローラ、ディスプレイ、またはエンジンコントローラとのデータ交換用に、ISO 11898準拠の2つのCANインターフェースがあります。

製品

アクセサリー