1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. プロセスセンサー
  4. IO-Linkおよび2つのスイッチング出力を備えた圧力センサー

IO-Linkおよび2つのスイッチング出力を備えた圧力センサー

プロセス値の連続伝送と高度な診断機能を対辺距離19 mmの外装に納めました

  • 2つのソリューション: IO-Linkと2つのスイッチング出力によりプロセス値を連続的に伝送
  • 広範な設定オプションとIO-Linkによる高度な診断
  • コンパクトタイプ (AF19)、プロセス接続G 1/4付き
  • スイッチポイント精度 < ±0.5 %、繰返し精度< ±0.05 %
  • 溶接ステンレス外装の頑丈な低コストソリューション

産業アプリケーション向けに最小化
新しいPV圧力センサーは、薄膜測定セルを接続部に直接溶接しています。この技術により、対辺距離わずか19 mmの超小型外装でも高い精度が保証されます。価格/性能比も優れています。

アプリケーション
このセンサーは接続部にパッキンがない設計のため、油圧装置のみではなく不活性ガスにも使用できます。産業用には、レーザー刻印の外装も有利です。厳しい 使用条件下でも、センサーの識別可能性が衰えることはありません。もう1つの利点は内蔵のIO-Linkインターフェースです。この新しい圧力センサー は、IO-Linkを利用して、プロセス値や圧力ピークカウンターなどの重要なデータを継続的に伝送します。さらに、D/A変換器による変換ロスや外部の 影響 (ケーブル長など) がないため、デジタル測定の結果はより正確です。