You probably do not come from: Japan.  If necessary, change to: United States
  1. ホームページ:
  2. IO-Linkの利点

IO-Link: 世界共通オープン通信規格

より高いパフォーマンス。 より少ない作業。

ifmのIO-Linkセンサにより、まったく新しい可能性が開けます。 簡単で迅速なセットアップから、追加で利用可能な機械監視データや、機械レベルからERPソフトウェアまでのプロセスの透明性まで: IO-Linkは納得できる効率向上とコスト節約を実現します。 お客様自身の目で確かめてください!

これらの結果は、以前はアナログセンサの標準的な並列結線を使用したお客様が達成したもので、主な要因は設置時間の大幅な短縮、必要なコンポーネント数の削減、コントローラに容易に統合できることです。

IO-Linkはセンサ、アクチュエータ、および制御の主要なメーカーによって開発されました。 その結果、オートメーション向けの標準化されフィールドバスに依存しないインターフェースができました。 これにより、複雑なアドレス設定なしで1:1(point to point)接続を確立できます。

簡単なセットアップ、センサの迅速な交換

IO-Linkデバイスは簡単に、たとえばM12コネクタで接続できます。 そのため配線の誤りによる誤動作は排除できます。 標準の産業用ケーブルをデータ伝送に使用できるため、必要なケーブルの種類を削減できます。 さらに、PLCに戻る必要のあるケーブルは1本のみで、IP69Kのため多くのIO-Linkマスタはフィールドで直接使用できます。

IO-Link統合支援

IO-Linkマスタを使用すると、接続されているセンサのすべてのパラメータがそこに保存されます。 後でセンサをまったく同じものに交換する場合、保存されたパラメータが自動的に新しいセンサに書込まれます。 必要なセンサー設定を調べる必要はありません。

この便利なプラグ&プレイ交換は、ベンダーIDとデバイスとIDの固有のデバイスIDによって可能になります。 IO-Linkを使用するとデバイスをチェックできます。 これによりデバイスが不適切なユニットに交換されないことが保証されます。

正確に、測定値を干渉なしで伝送

従来型センサの測定値は、デジタルおよびアナログに複数回変換されてからPLCの最終評価に送られるため、正確な測定値が失われてしまいます。 IO-Linkは、24 V信号に基づいて純粋にデジタルな形でデータを伝送するため、変換もロスもありません。

さらに、信号の伝送は外部の影響には反応しません。 シールドケーブルや関連する接地は不要になります。 データは産業標準のケーブルで伝送できます。 新しいテクノロジにより、高価なアナログ入力カードも不要になります。

ifmのハイジェニック圧力センサは圧力タンクのレベルを検出します。 過去には、レベルのアナログ信号伝送中の変換ロスとEMC干渉により、不正確になっていました。 IO-linkにより、測定値は純粋にデジタル伝送されるため、正確な測定値がコントローラに伝送されるようになります。

コントローラとフィールドバスに非依存

IO-Linkデバイスは、IO-Link経由でほとんどのフィールドバスインフラストラクチャおよび制御システムに統合でき、PROFINET、EtherNet/IP、またはAS-iなどへのインターフェースを提供します。 PLCの機能ブロックにより設定が簡単になります。 IO-Linkはオートメーション業界の主要なメーカーによってオープン標準として開発され、常に改良されています。 バルブ端子などのアクチュエータをIO-Linkに接続することも可能です。 その結果、プラントのインフラストラクチャがより柔軟になり、削減することもできます。

1つのユニットで複数の測定値

冷却回路などのアプリケーションでは、正確なプロセス制御を確実に行うため、複数のプロセス値が検出されることが多いです。 その結果、従来の測定ポイントには、たとえば流量、合計量、温度を検出するために複数のセンサが使用されていました。 IO-Linkセンサは複数のプロセス値を測定してデジタルに伝送できます。 IO-Link対応の流体センサは、1台で3つの値をすべて正確に検出して、標準の3線ケーブルでデジタル伝送できます。 これにより設定、設置、交換用センサの保管のコストを大幅に削減できます。

センサパラメータへのリモートアクセス

IO-Linkデバイスのパラメータは、LR DEVICEなどのパラメータ設定ソフトウェアで変更できます。 そのため迅速な調整が可能でダウンタイムを短縮できます。 IO-Linkセンサは、センサ上の操作キーまたはソフトウェアによるリモートでロックできます。 ロックはソフトウェアなしでは解除できないため、意識的または無意識にセンサのパラメータを変更することはできません。 LR DEVICEソフトウェアにより、デバイス設定を保存して設定プロトコルを作成できます。

状態監視/診断

IO-Linkでは、プロセスデータとサービスデータの伝送は同時に実行されます。 最小値や最大値などの診断データや、断線や短絡などのエラーを、非周期的に取得できるため、状態に基づくメンテナンスが可能で、プラントのアップタイムを延長できます。 診断データは動作中にもアクセス可能です。

SM シリーズの電磁誘導式インライン流体センサーを使用して、冷却回路内の流量を正確にモニタリングします。 エラーが発生すると、診断データがマスタからコントローラーに伝送されます。 障害のあるセンサーが明確に特定されます。

媒体、泡、汚れの検出

IO-Linkを使用すると、センサが何を測定しているかがわかります。 多くのスマートセンサは、たとえば上限または下限に達したときにスイッチング信号を提供するために、バイナリセンサとして使用できます。 内蔵のIO-Linkインターフェースで、センサは現在のプロセス値も伝送できます。 これにより、たとえばコントローラで製品と洗浄液とを区別できます。 プラントと製品を保護するため、洗浄プロセス後の泡や汚れ残りを検出することもできます。