1. ホームページ:
  2. フォームの始まり振動監視からインダストリー4.0へ
  3. 振動監視

振動監視モニタリング - 早期に損傷を検出し、結果として生じるコストを回避します。

振動監視が必要な理由
どの機械も稼働中に振動が発生します。 アンバランスやミスアライメント、または共振などの振動は、短時間で許容レベルを超える可能性があります。 振動振幅の増加は機械の状態に悪影響を及ぼし、寿命を低下させます。

結果: 予期せぬ故障と寿命の短縮を招きます。

efector octavis によるソリューション:
フォームの始まり 産業規格では、機械の状態を振動速度で総合的に評価します。 機械はISO 10816、ファンはISO 14694で分類して推奨の振動値を定義しています。

efector octavisは、許容範囲を超える機械振動を監視します。 損傷の早期検出で、部品交換を行って重大な損傷を回避することができます。

振動速度の監視

VK型フォームの始まり VK型振動センサーは、ISO 10816に従って、機械およびプラントの全体的な振動状態をオンラインで監視します。 このセンサーは、回転していないコンポーネント表面でrms振動速度を測定し、機械の振動がしきい値を超えた場合にアラームを出力します。

アンバランスや衝撃の早期検出

アンバランスやミスアライメント、またはベアリングの損傷で発生する機械振動は、短時間で許容レベルを超える可能性があります。

結果: 予期せぬ故障と寿命の短縮を招きます。 VN型振動センサーは、振動と衝撃を常時測定して表示、記録します。

フォームの始まり 最大4つの測定点を監視

VSA / VSP型の振動センサーは、接近が困難な場所の機械振動も測定できます。 診断増幅器VSEを使用して、最大4箇所までの振動の測定と記録が可能です。 イーサネットとフィールドバスインタフェースは、ネットワーク接続と遠隔診断が可能です。