1. ホームページ:
  2. フォームの始まり振動監視からインダストリー4.0へ
  3. 機械保護およびプロセス監視

機械保護とプロセス監視 不良品と損傷の低減

機械保護とプロセス監視が必要な理由
プロセスパラメータの設定不良や誤ったツールの使用は、ツールと主軸の衝突を引き起こし、高い応力による急激な磨耗で品質の劣化を招きます。 その結果、必然的に膨大なコストを発生させ、耐用寿命が短くなり不良品の発生につながります。

efector octavis によるソリューション: さまざまな振動特性を常時測定・監視し、主軸の最適な監視と診断を行います。 動的外力の増加から衝突状態を検知して表示します。 スイッチング出力が1ms以内で衝突に反応して重大な損傷を抑制・防止します。 フィールドバスにより振動監視を機械制御に組み込むことにより、稼働中の機械のアラームのしきい値調整や、加工中では測定できない主軸ベアリング等の特性値の抑制が可能になり、評価の最適な調整ができます。

異常振動の検知

主軸に取付けられたVSA型振動センサーは少しの振動変化でも検出します。

センサーは高速運動や高い応力への耐性があります。

工作機械の重大な損傷を予防

切れ味の悪いドリルや切りくず等による切削力の変化は、振動特性の変化から検出します。

各ツールに、警告および稼動停止のしきい値等の個別の許容レベルを割り当てることができます。 ワークへの損傷を確実に抑制できます。