1. ホームページ:
  2. フォームの始まり振動監視からインダストリー4.0へ
  3. 状態監視

状態監視 可用性の向上、保守費用の削減、品質を確保。

状態監視が必要な理由
フォームの始まり 状態監視により、機械の損傷を早期に検出することができます。 これにより保守間隔を計画し、重要な部品の残存寿命を活用することができます。 不合格品を回避するために、品質に影響する振動を自動的に検出することができます。 カウンタの使用により、生産変数(稼動時間、実働時間、良品/不良品、不良率など)や 部品寿命の影響要因(衝撃、大きい振幅にさらされた時間、温度、力、回転速度など)を決定することが可能です。

efector octavis によるソリューション:
efector octavis は振動データの検出だけではなく、機械に直接取付けて信号解析と機械の診断を行います。 機械の状態はそれぞれの位置で決定され、アラームや状態値として制御機器/プロセス制御レベルに伝送されます。 さらにその搭載メモリにすべての診断特性の傾向(ヒストリー)を保存します。

ミキサーの振動診断

重要な機械の予期せぬ稼動停止は、多大なコスト要因となります 工場全体を常時監視することで事前予測措置を行ってプロセスを最適化することが可能になります。

機械の保護と遠隔からの保守

風力発電機のギアボックスや給水ポンプの磨耗やストレスを監視することで、オペレーターが効率的な保全管理を実施することができます。 アラーム出力により、システムの保護や遠隔保守の実施、ターゲット分析の簡素化の機能を果たします。

ifmの状態監視システム

油の品質測定システムなどのネットワーク状態監視システムの各種ソリューションを取り揃えています。ifm はさらに設定・可視化・データ記録用のソフトウェアもご提供します。