1. ホームページ:
  2. フォームの始まり振動監視からインダストリー4.0へ

振動監視からインダストリー4.0へ

振動監視

ISO 10816による全体振動の監視
結果として生じる損傷を回避し、寿命を延ばします。

簡単:
機械の全体的な状態監視

標準化:
ISO 10816に準拠

信頼性:
機械を損傷から保護

柔軟:
手軽にアプリケーションへ統合

確実:
稼働時間の向上

状態監視

フォームの始まり 個々の振動特性およびその他の影響要因に基づいて、潜在的な故障およびその原因を早期発見します。

安全:
重要な機械の状態を常時監視

予測:
機械の診断で損傷を早期検出し、機械の重大な損傷を未然に予防

最適化:
保守計画の策定が可能

長寿命:
部品の残存寿命を最適化

フォームの始まり 経済的:
製造プロセスの見える化 -
TCO(total cost of ownership, 総所有コスト)を実現

集計:
稼働時間の測定と重要指標に基づく生産のためのカウンタ機能

機械保護 / プロセス監視

常時監視と非常に短い応答時間で、機械部品、工具、ワークピースの損傷を回避します。 PLCに統合することにより、機械またはプラントのプロセスに振動監視を調整することができます。

フォームの始まり 動的:
切削加工等の動的外力の監視

高速:
1msの応答時間

確実:
機械やツール、ワークの保護による膨大な経済的損失の回避

予防:
損傷の早期発見による予期せぬ稼動停止の回避

一体化:
フィールドバスによる直接接続で機械を制御

振動監視製品概要

ifmグループの企業: 当社独自の開発と高品質基準で生産

振動信号の検出と統合評価は、製造元に依存しない自動化および制御システムへのオンライン状態監視のシームレスな統合の基礎となります。