You probably do not come from: Japan.  If necessary, change to: United States
  1. ホームページ:
  2. Profiler

PMD Profiler:

最重要メリット一覧:

  • インラインで正確で完全な組立を恒久的に保証
  • 使いやすいデバイス: ソフトウェアなしで、わずか数ステップで設置して動作
  • 距離に依存しない測定により、部品の配置の許容範囲が大きい
  • 外部光への耐性があるため、シールドや外部照明は不要

IO-Linkによる性能向上

  • IO-Link経由で詳細情報を評価することにより、生産効率と品質が向上
  • スクラップ率などの製品メトリックスを特定してプラントの効率を向上

誤りを避け、恒久的に回避して、品質とプラントの可用性を向上

PMD Profilerはエラー防止アプリケーション向けに最適です。 PMD Profilerを使用すれば、組立や、向きと選別だけでなく、ターゲットの製造も監視できます。 さらにPMD Profilerは、締付けが不完全なネジが飛び出していないかどうかや、クランプシステムがラッチしているかどうかなど、チェック対象の物体を正確に検査します。 この目的で、PMD Profilerは直線のレーザー線を投射することによって、検出対象の物体の高さプロファイルを判断します。

基準物体(良品)の高さプロファイルをティーチしている場合、物体をこのティーチされた輪郭と比較できます。 このように、逸脱するコンポーネントを良品から識別できます。 このリアルタイムの品質チェックにより、計画外のシャットダウンやスクラップに関連するコストを削減し、プラントのアップタイムを延長できます。 さらに、エラーの原因を迅速に局所化して排除できます。

外部の周囲光の影響を受けやすいカメラシステムや、困難のある1Dセンサーの代替
PMD Profilerは既存のシステムと比較して、まったく新しい特質を持つエラーチェックを実現します。 カメラシステムが外部光の影響を受けるため、コストのかかるシールドや外部照明に依存するような場所でも、PMD Profilerは外部光の影響を受けずに動作します。 さらに、1Dシステムとは対照的に、距離に関係なく機能するため、距離が可変の場合でも確実に物体を検出します。 そのうえ、PMD Profilerはスクラップ率や基準物体とターゲット物体の一致率の値などの追加情報を提供し、外部デバイスに簡単に保存できます。 この情報は、プロセスの最適化に利用できます。

手動チェック
頻繁なエラー
高価
シングルポイントチェック - 1D距離センサー
距離依存(ターゲットを高い精度で位置決め)
小さいターゲットに対して調整が困難
ラインスキャンセンサー/カメラ
PMD Profiler
視覚システムチェック - 画像センサー / スマートカメラ
周囲光の影響を受けやすい
高価な機械カバーまたは高価な外部照明が必要
訓練を受けたサービススタッフが必要(ソフトウェア!)

ソフトウェアを使用しないセットアップにより高い利便性を確保
Profilerは従来型のM12プラグを使用して簡単に接続でき、照明などの外部デバイスは必要ありません。 基準物体のティーチングは、ソフトウェアを使用せずに、直感的なインターフェースでデバイスのボタンを使用して直接行います。 投射される補助光線により、ユーザーは評価対象エリア(ROI)を簡単に定義できます。 評価対象エリアは特に重要な製品の部分へのズームのように機能し、一致率の値の精度が向上します。 部品が必ずしも同じ場所にあるとは限らない場合には、「浮動ROI」も可能です。 良品は黄色のスイッチングLEDで示されます。 使いやすいソフトウェアVision Assistantにより、X/Z図による高さプロファイルなどの追加情報が視覚化されます。 1Dセンサーとは対照的に、部品が存在することがわかるだけではなく、正確にどの部品なのかもわかります。プラント内に立ち入る必要はありません。

カメラシステム PMDレーザーセンサー PMD Profiler
色による仕分け
高さによる仕分け
困難な周囲光
セットアップの複雑さ
光沢のあるターゲット
さまざまなターゲットの向き
ガイドつき物体
ガイドのない物体
動的アプリケーション
輪郭検出
精度