You probably do not come from: Japan.  If necessary, change to: United States
  1. Profiler
  2. アプリケーション

アプリケーション

仕分けと向き

金属製リングが正しく取付けられているかどうかを監視

PMD Profilerは、例えば自動車産業です。このアプリケーションでは、正しいリングと誤って選択されたリングの差はごくわずかです。 2つの部品のプロファイルを作成し、基準物体と現在の物体との間の一致率の値を提示します。 この値が自由に選択可能なしきい値(例えば85%)を下回る場合、不良部品と識別され仕分けできます。

このアプリケーションでは、高さにはわずかな違いしかないため、1Dセンサーの限界に達します。 元々低いコントラストが周囲光によってさらに劣化するため、カメラシステムを使用してもこのアプリケーションは簡単に解決できません。 そのため高価な外部光源が必要になりますが、PMD Profilerなら外部光源は不要です。 PMD Profilerを使用すると、1台のデバイスのみで、適切な部品が正しい向きにあるかどうかをチェックできます。 またPMD Profilerの、赤色レーザー線上に2つの緑色のマーカーを備える特許取得のシステムでは、評価対象エリア(ROI)を設定してセンサーの検査を関連エリア、つまりリングの端部の立上りに集中させることができます。

正しい機械加工の制御

ギヤの輪郭に基づく未加工品と加工品の識別

このアプリケーションのタスクは、部品がすでに加工済みかどうか、つまり ギヤの輪郭がすでに存在するかどうか、またはまだ平坦な面があるかどうかを認識することです。 このようなアプリケーションは1Dセンサーではほぼ解決できませんが、PMD Profilerなら部品のプロファイルを確実に検出し、非常に高い精度で輪郭の変化を検出します。 カメラシステムを備えたソリューションの場合、シールドと外部照明によってコントラストの差を協調する必要があり、追加のコストがかかります。

ギャップ制御

相互接続するクランプシステムのラッチのチェック

PMD Profilerはクランプが完全にラッチしているかどうかをチェックします。 これにより、ラッチが不十分であることを示すギャップを検出でき、スクラップや、見逃した場合に生じ得る顧客サイトでの障害を回避できます。 ここでは、良品と不良品の一致率の値の差を増大させ、これらの部品が明確に区別できるようにするために、ROIが役立ちます。

深さの測定

ねじの締付けのチェック

このアプリケーションでは、ねじが正しく締付けられていることを監視する必要があります。 1Dシステムでは、光点は2つの位置、つまり完全な締付けと部分的な締付けのうちの、いずれか1つにしか焦点を当てることができないため、ほぼ不可能です。 カメラシステムでは、簡単にセットアップできるPMD Profilerと比較すると、同じ精度でありながら設置作業が広範囲になります。 このように正確に深さを測定できるため、PMD Profilerは例えばレーザーラベルの検出やコンベアベルトのほころびなど、さまざまなアプリケーションに適用できます。