You probably do not come from: Japan.  If necessary, change to: United States
  1. Profiler
  2. テクノロジー

テクノロジー

センサーは三角測量に原理よって機能します。 この目的のために、センサーにはレーザー線を測定対象面に投射する投射ユニットがあります。 このレーザー線は反射して、受光素子(PMDチップ)で再び捉えられます。 しかし投射ユニットと比較して、受光素子には明確な角度オフセットがあるため、高さプロファイルを検出できます。

センサーの測定範囲は、センサーから150 mm~300 mmの距離です。 受光素子の視点により、レーザー線の長さはセンサーからターゲットまでの距離に依存します(センサーに近いほど線が短くなります)。 にもかかわらず、センサーと物体との距離が変化した場合でも物体の比率は同じままで保たれます。 つまり、輪郭は距離とは独立して測定されます。 そのため、センサーの調整と位置決めが非常に簡単です。