1. ホームページ:
  2. O3M 3Dスマートセンサー – 概要
  3. アプリケーション事例
  4. ラインガイダンス

O3M 3Dスマートセンサー –ラインガイダンス

線形の輪郭を汎用的に認識する高度なアルゴリズムにより、マシンのドライバーは認識されたラインを選択し、ガイダンスを受けることができます。輪郭が途切れている場合はデータを補間します。そのため、多少の中断ではガイダンスが停止しません。オフセット機能により、追従するラインと車両との間をきめ細かく調整できます。

全機能概要:

  • 刈り跡を自動的に検出してラインガイダンス
  • 理想のラインからの逸脱を計算する内蔵アルゴリズム
  • 収穫物の量を提示*
  • マシン制御システムへのドライバー操縦に関する推奨の提示

農業機械分野では、収穫時期が限られているため、信頼性が高く効率的な収穫プロセスが非常に重要です。ifmは長年にわたって、堅牢な屋外アプリケーション向けのセンサーと制御技術を特に開発してきました。

ifmのスマート3DセンサーO3M151を使用して、刈り跡の自動ラインガイダンス向けの新しいアプリケーションソリューションが実現しました。1,000を超える測定値を使用して、刈り跡などの線形の輪郭を瞬時に検出し、自動的に追跡します。

 

実際のラインガイダンスのほかに、同時に収穫物の量も判定できるので、トラクターまたは収穫機のスピードを、収穫物の量に応じて調整できます。

操縦アシスタンスや自動トルク制御に必要なすべてのデータは、センサーからマシン制御システムに送られます。

*収穫量を計算するためには、トラクターのスピードが既知でなければなりません。