1. ホームページ:
  2. O3M 3Dスマートセンサー – 概要
  3. テクノロジー

O3M 3Dスマートセンサー – 技術

O3M 3Dスマートセンサー – 技術

タイムオブフライト (PMD) 技術により、1つの画像キャプチャーのみで状態および物体を3次元でモーションブラーなしで確実に検出します。場面は目に見えない変調された赤外線光で照射され、反射光がPMDセンサーに当たります。

高性能測定システム

特許取得のPMD技術により、反射率の異なる材料でも測定データの高い再現性を実現します。多相測定システムは、ほこりや水のミスト生成による干渉さえ検出します。

洗練されたアルゴリズム

自動車セクターから生まれた高度なアルゴリズムと最高50フレーム/秒のフレームレートにより、3Dデータを高速かつ高い信頼性で計算できます。特別に変調された赤外線光により、反射率の異なる材料でも継続的に高い認識率を達成できます。これらすべてが、最低応答時間わずか40 msで行われます。

内蔵の診断機能

J1939のCANまたはCANopenなどのインターフェースと、Fast Ethernetが標準で内蔵されています。センサーからIRシステムの照明ユニットへの自己診断機能が、システムの状態を継続的に監視します。