1. ホームページ:
  2. O3M 3Dスマートセンサー – 概要
  3. アプリケーション事例
  4. 障害物検出と衝突回避

O3M 3Dスマートセンサー – 障害物検出および衝突回避

障害物検出と衝突回避

内蔵の自動物体認識により、建設車両の経路内の静止または移動中の物体を20個まで検出します。現在のスピード、運動ベクトル、およびブレーキ距離などの固定パラメータを比較することにより、3Dセンサーが衝突の可能性を計算してマシン制御システムにCANバスまたはEthernet経由で伝送し、ドライバーに提示します。


衝突予測アプリケーションのダウンロード:

障害物の検出
3Dスマートセンサーが視野内の物体の位置と動きを検出します。このデータはコントローラーに出力されます。

経路監視
車両の自由に調節可能な基準点により、たとえば地上から事前定義した高さの障害物のみを実際に障害物として検出できます。

コンテナー積み上げクレーンでのドライバーのサポート
自動衝突予測機能が、位置を変更して経路内の障害物を通知することで、クレーンのドライバーをサポートします。