1. ホームページ:
  2. IO-Linkモジュール
  3. テクノロジー
  4. デジタル入力フィルター

デジタル入力フィルター

標準ラインモジュールで利用可能です。

入力信号は、IO-Link経由で渡される前にさまざまなフィルターで変更できます。 次のフィルターが利用可能で、この順に入力信号に適用されます。

  1. 入力ピン
  2. デバウンスフィルター
  3. ホールド機能
  4. 反転機能
  5. プロセスデータ入力

これらのフィルターは、IO-Linkからそれぞれ独立して設定できます。

デバウンスフィルター

  • センサーは1.5 ms以上の長さの信号を検出します。 それより短い信号は検出されません。
  • 入力デバウンスフィルターは、機械式スイッチによって生じるノイズ信号を抑制します。 このフィルターは入力信号を遅延(デバウンス時間)付きフィルター出力で提供します。 設定したデバウンス時間より短い信号は、フィルターによってすべて無視されます。

ホールド機能

  • このフィルターは短い入力パルスを長くします。 次のパラメータを使用してフィルターを設定できます。
  • ホールド時間: 短いパルスを延長するパルス時間
  • ホールド時間より長い間かかるパルスは延長されません。
  • ホールド状態: 延長する入力レベル(HIGHまたはLOW)

反転機能

  • この機能は入力信号のロジックを反転します。