1. ホームページ:
  2. 食品・飲料向けソリューション
  3. 温度ソリューション

ifmの「校正チェック」技術を備えた温度ソリューションにより、コスト削減、稼働率向上、品質向上を実現できるとしたらどうでしょうか。


お客様の要望:

  1. 製品リコールのリスク削減
  2. 高速応答
  3. 持続的なドリフト検知で製品品質を向上

ifmの信頼性高いタンク、容器向け温度ソリューションを安心してご使用ください

直接製品へ

品質を確保するにはどうしたらいいでしょうか?

  • 校正サイクル間の不正確なプロセス温度測定によって生じる製品の品質リスクを、基準素子と測定素子の間のドリフト量を検知することで排除
  • 組込まれた校正チェック技術により、センサ精度をリアルタイムで監視可能

プロセスの性能を向上させるにはどうしたらいいでしょうか?

  • 温度測定値をIO-Linkのデジタル通信で伝送するため、正確で損失がない
  • 高速応答でプロセス内の重要な温度変化を迅速にフィードバック

ダウンタイムを短縮し稼働率を上げるにはどうしたらいいでしょうか?

  • TCC内蔵の基準素子と測定素子の間のドリフト量を検知することでセンサの狂いを常時監視
  • 測定や記録のヒューマンエラーを無くし、正確な時系列での品質記録を確保
  • 診断の高速化とデバイスの警告で交換を指示

詳細をお知りになりたいですか?

技術エキスパートに無料でお問い合わせください。

電話: 0120-78-2070 | メール: info.jp@ifm.com