1. ホームページ:
  2. 画像センサー

物体およびシーンの認識と評価を行う画像センサー。

カメラシステムの性能と、センサーのシンプルさを両立

FAにおいて、今や画像センサーは組立や製造作業のみならず、品質管理と効率向上に欠かせないものとなっています。カメラと用途固有の評価機能を備えており、信頼できるエレクトロニックの「目」を低コストかつ高集積度で実現します。

カメラからセンサーまで。
数年前には、高価格なカメラシステムが必要でした。技術開発と継続的なコンポーネント価格の下落により、インテリジェント機能をこれまでにないほど低コストで、小さなスペースに実装できるようになりました。
小型の画像センサーはカメラの代用となるだけではなく、用途の選択肢も広がります。たとえば位置や形状が一定ではない物体の検出に使用でき、複雑な近接センサーや、パレットやクレートの完全性チェックに使用されるセンサーブリッジなどの複数センサーによるソリューションの代用にもなります。

統合が容易。
画像センサーの特徴の1つは、シンプルであることです。通常、画像処理システムを製造プロセスに統合するには、有資格者またはコストのかかる外部インテグレーターに依頼する必要がありますが、画像センサーは固有用途向けに設計されているため、事前の知識がなくても使用できます。複雑な「プログラミング」ではなく簡単な「パラメータ設定」がモットーです。すぐに使える機能ブロックがPLCへの統合を支援します。Ethernetプロセスインターフェースを使用して、データの伝送、パラメータ設定、リモート監視を行えます。また、すべてのセンサーはテストが成功したことを示すためのスイッチング出力を備えています。そのため、画像センサーはバイナリーセンサー同様の使いやすさです。

堅牢でコンパクト。
メリットは他にもあります。ifmの画像センサーは保護構造が高く温度範囲が広いため、真の意味で監視対象の非常に近くに設置できます。また、集積度が特に高いことも特徴です。複雑なカメラソリューションとは対照的に、照明、光学、評価エレクトロニクス、出力ロジックなど、すべての必要なコンポーネントが産業用外装に内蔵されています。品質管理、完全性監視、1Dおよび2Dのコードの読取などのタスクは、ifmの画像センサーを使用すれば低コストで実施できます。

用途固有のソリューションの機能

正しい選択は明白です。

輪郭センサー – 形状認識タイプO2D
おもちゃ箱に関して: O2D画像センサーは、事前に定義された物体とその輪郭または構造を、認識および割当てて、完全性、位置、方向をチェックできます。

ピクセルカウンター – 物体検査用タイプO2V
カウントフレームや計算尺と同様に、O2V画像センサーは画像内の同一のグレースケール値を持つエリアのすべてのピクセルをカウントします。さらに、特定のグレースケール値の集まりを個別の物体にグループ化して、さまざまな基準で評価できます。

コードリーダー – 認証タイプO2I
今日、バーコードは広く使用され、右から左へ読み取るフォントスタイルとして理解されています。2Dコードは情報が一定のエリア内にコード化されています。ドミノパズルのように明確な情報が伝えられ、O2I画像センサーが読み取ります。

3Dセンサー – 3D形状認識タイプO3D
インサーキットテスターと同様に、O3D 3Dセンサーは現在のシーンを詳細にスキャンします。23,000以上の距離が測定され、その値を使用して多数の仮想センサーを作成して、クレートが任意の種類のボトルで完全に充填されているかどうかの判断などに使用できます。

輪郭センサーO2D

ピクセルカウンターO2V

コードリーダーO2I

3Dセンサー