1. ホームページ:
  2. 画像センサー
  3. 物体検査用タイプO2V

物体検査用タイプO2V

物体とシーンの変化する特性をチェックします。

包装、製造、品質管理用の物体検査。

一般的な形状認識センサー (輪郭センサーO2Dなど) が一定の輪郭をもとにパーツを確認するのに対して、新しいO2Vピクセルカウンターは様々な特徴をもとに比較を行います。

輪郭の設定の代わりに相対的な特徴を設定し、それをもとにセンサーは物体や周囲のシーンを評価します。自由に設定が可能な許容範囲内でセンサーは物体の面積、サイズ、真円度、注密度等の特徴を測定します。

評価にはグレースケール値も使用できます。O2V型画像センサーは搬送/製造容器の空/有りの監視に使用できます。

柔軟性
広範な評価パラメータにより、様々な特徴をもとに高い信頼性で物体を検査。24 個までの物体を含む 32 のシーンをセンサーに保存できます。

すべてを一目で
様々な視野角のバージョンで様々な視野サイズに対応。

安全性
不正アクセスに対してパスワードで保護。

すべてを文書化
エラーメモリー付きのデータロガー

ピクセル数のカウント: 様々な特徴を持つ物体や状態向け。光電式レベル監視、空/有りの監視、エラーや穴の検出。組立自動化や包装機械での品質保証に使用。

画像センサーは、製造日や消費期限などの粘着ラベルや刻印の存在をチェックします。センサーは、機械や手動により取付けられた、取付けポイントや不良マークなどの色付きマークを高い信頼性で検出します。

自動車業界で頻繁に使用される自動グリッパーシステムでのシートの2枚取りの検出は、シートや固定クリップのカウントと同様に簡単に行えます。反射率が異なるため、輪郭によって表現することは困難です。

ピクセルカウンターは、溶接線や溶接部、溶接温度が高かったために様々な程度で生じる青みの存在や位置をチェックします。接着剤やグリースのように不均一に塗布された材料も検出できます。

動作距離/ 視野サイズ