1. ホームページ:
  2. TCC

TCCのご紹介

ご使用の温度計に自信がありますか?

温度はプロセス制御で使用される中でも非常に重要な測定値の1つです。食品飲料産業では、適切な製品品質と安全性のために、正確で安定した温度測定が欠かせません。しかし、プロセス温度が不正確だったらどうなるでしょうか。

ifmのTCCは、一般的な温度製品の課題に打ち勝つように設計されています。

一目でわかるセンサの健全性
「校正チェック技術」により、計器の精度をリアルタイムで監視します。 TCCはユーザが指定する許容値からの逸脱を、電子的に、そしてLEDが青色に変化することによって視覚的に通知します。
IO-Linkで詳細なプロセスの知見を提供
デジタル通信を利用することで、信号損失がないため、アナログよりも測定精度と信頼性が向上します。
一体型外装により浸入を防止
計器のずれの主な原因は、湿気の浸入です。 TCCの構造は完全に溶接された316ステンレス製で、浸入を防止します。
さまざまなプローブ長と継手
1.5”および2”トライクランプ、直径6 mm、およびG1/2”ハイジェニック媒体接続部は、プローブ長が最高550 mmで、ほとんどのアプリケーションに適合します。
スマート診断で精度を監視
先端の2つのRTDエレメントが、温度変換に対して反対方向に反応し、マイクロプロセッサがそれを監視することで、測定精度の低下がないかどうか判断します。