1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. IO-Link
  4. デジタル信号を収集して変換するIO-Linkデバイス

デジタル信号を収集して変換するIO-Linkデバイス

フィールドアプリケーション用分散型IO-Link入力モジュール - 初めてハイジェニックエリアにも

  • バイナリセンサーのIO-Linkへの効率的な接続
  • IO-Linkマスタに20個までのデジタル入力を追加
  • 産業アプリケーションおよびハイジェニックエリアの新しいバリエーション向けに使用
  • 高い保護構造 IP68 / IP69K
  • デジタルフィルタで入力信号を前処理

IO-Link経由のデジタル出力の分散スイッチング
新しいフィールドアプリケーション用のIO-Link入力モジュールは、簡単にIO-Linkマスタに20のデジタル入力を追加できるため、コスト性に優れています。 デジタル入力フィルタを使用して、信号のデバウンシング、伸張、反転などの処理を簡単に行って入力信号を最適化できます。

アプリケーション
このモジュールには2種類の設計があります。 クーラントシリーズはオレンジ色のフィールドモジュールで、オイルやクーラントに耐性があり、一般的な産業アプリケーションに適しています。 グレーのモジュールは、外装に使用される材質により、ハイジェニックおよび食品アプリケーションに理想的です。 IP 68 / IP 69Kの高い保護等級です。

IO-Link通信用フィールドモジュール
従来のセンサーを最大20台まで接続することができます。 非シールドのM12接続ケーブルにてIO-LinkマスタやPLCに信号を伝送します。 モジュールはIO-Link通信時にさまざまなフィルタ機能で入力信号の前処理を行います。 次の表示を利用可能です: デバウンシング (ノイズ信号の抑制)、伸長 (信号を長く)、反転。 この処理により最短1.5msで確実に信号を検出します。 分散型モジュールは従来の複雑な配線を減らし、配線コストを減少させます。 IO-Linkはバスシステムのような構成やアドレス設定が不要です。 設置が簡単です。 M12ソケットのピン2とピン4はバイナリ入力として設定されています。 デュアルセンサー、ノーマルオープン、ノーマルクローズが問題なく接続できます。 入力は過負荷と短絡から完全に保護されています。