1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. IO-Link
  4. 制御盤用に設計されたIO-Linkマスタ

制御盤用に設計されたIO-Linkマスタ

制御盤用IO-Linkマスタモジュールは、IO-Linkセンサーとフィールドバスとの間のゲートウェイとして機能します

  • オートメーションとITネットワークとの分離
  • 新しいIoTコアでインダストリー4.0に対応
  • V1.1の全機能を備えたIO-Linkポートx8
  • PROFINET、EtherNet/IP、EtherCat、またはTCP/IP JSON
  • マスタとデバイスはLR DEVICEソフトウェアから設定可能

オートメーションとITに対応するIO-Linkマスタ
制御盤用IO-Linkマスタモジュールは、IO-Linkセンサーとフィールドバスとの間のゲートウェイとして機能します。また、同時にセンサーの重要な情報をIT環境に送信できます。独立したIoT Ethernetソケットにより、ITネットワークをオートメーションネットワークから完全に分離してセットアップできます。センサー情報は確立されたTCP/IP JSONインターフェースを介してIT環境に伝送されます。

特徴とユーザーメリット

  • オートメーションとITネットワークとの分離

マシンのアップタイムは最優先事項です。オートメーションネットワークが外部の要因によって中断されることは、何としても避けなければなりません。そのため、このユニットはITとオートメーションネットワークを分離する、独立したIoT Ethernetソケットを特徴としています。つまり、重要なセンサー情報を安全にITおよびERPシステムに送信できます。

  • LR DEVICEによるセンサー設定

直感的に操作できるソフトウェアで、ネットワーク内のすべてのIO-Linkマスタを検出し、装置全体の概要を作成できます。また、接続されたすべてのセンサーがそれぞれのパラメータとともに表示されます。そのため、システム内のすべてのセンサーのパラメータを中央の1点から設定できます。

  • センサー接続が容易

センサーとアクチュエータは、標準M12接続ケーブルでシールドなしで接続されます。接続ケーブルは取り外し可能なCOMBICONコネクターでIO-Linkマスタに固定されています。8つまでのIO-Linkセンサーを接続でき、3.6 Aまでの電源を使用できます。ケーブル長は最長20 mまでサポートします。

  • 信頼性の高いデジタルデータ

センサーデータはデジタルで伝送されます。アナログ信号とは異なり、接触抵抗やEMC干渉によって信号が破損することはありません。