1. ホームページ:
  2. M18-Cube: 場所を取らないifm外装
  3. PMDセンサーのテクノロジー

タイムオブフライトテクノロジーを備えたレーザー距離センサーで正確な測定

最重要機能一覧:

  • 長い距離を高い信頼性で距離検出
  • 反射耐性と背景抑制が非常に優れ、確実なスイッチング
  • 小さい部品を高精度に検出
  • 困難な表面でも色に依存しない測定
  • レーザー保護クラス1またはクラス2

機能原理

センサーはレーザーを使用して変調された光波を送信し、光波は測定対象の検出体で反射されます。 受信した反射光信号の位相位置が、送信した光の位相位置と比較されます。 位相のずれ、つまり波頂間の「距離」に基づき、光の飛行時間が判定され、センサーと検出体との距離が計算されます。

ミリメートルの精度

ifmのPMDセンサーは「システムオンチップ」設計を使用しています。 センサー素子と信号評価用の電子機器が、フォトニックミキーサデバイス(PMD)という単独のシリコンチップに統合されています。 メリット: この画期的なifmの設計により、従来のシステムの数分の1の価格で、コンパクトで産業に互換性のあるハウジングで高い測定精度を提供します。

レーザースポット光は非常に小さく、センサーはエラープルーフアプリケーションなどでの小型部品の検出に最適です。

困難な表面の検出が容易に

PMDテクノロジーの特に優れている点: PMDセンサーは、表面の色にかかわらず距離を測定します。 周囲の光源や、高反射、油膜で濡れた表面、非常に暗い物体でも問題ありません。 検出体のインパクト角度は20度まで許容されます。

PMDセンサーは、目に影響のないレーザー保護クラス1で物体を検出します。 優れた反射耐性と背景抑制、高い余裕度により、信頼性の高い運用が可能になります。 使いやすい3ボタン操作により、またはIO-Link経由で、スイッチポイントを簡単にミリメートルで設定できます。 また現在の距離値も提供できます。