You probably do not come from: Japan.  If necessary, change to: United States
  1. ホームページ:
  2. LDLセンサ:導電率 - 新しいアプローチ

導電率センサ

媒体検出およびCIPシステム向け導電率センサ — 新しいアプローチ

ifmの導電率センサLDLファミリをご紹介します

時間を基にした洗浄プロセスに関連する不正確さを軽減。

各機器またはプロセスセグメントでの測定により、製品を検証し洗浄またはすすぎが適切に完了したことを確認します。時間を基にしたプロセス制御を排除することにより、洗浄およびすすぎサイクルの実行を、必要な時間のみに限定できます。

レシピ変更および洗浄サイクル中のフィードバックにより、さらに高い安全マージンを達成します。

CIPシステム内の化学薬品の濃度を測定する方法がないと、純粋に時間を基にした方法が使用されます。この場合、システム全体が正しい化学薬品濃度に設定され、洗浄サイクルが十分な時間実行されることを前提としています。

  • サイクル時間には通常、完全な洗浄を保証するための安全マージンが含まれます。
  • サイクル時間は必要な時間より長いことが多いため、液体を充填して加熱するためにより多くのエネルギーが使用され、サイクル全体でより多くの資源(洗浄剤や水など)が使用されます。

柔軟な測定ポイントでプロセスの性能向上。

ifmのコスト効率の良い機器を追加することによって、より多くのポイントをシステムに追加する作業費を相殺できます。測定ポイントを増やすことで、プロセスをセグメント化して制御を洗練させることができます。この追加ポイントにより、サイクル時間の短縮、水や化学薬品の使用量削減、エネルギー消費量の削減のための情報が得られます。

コンパクトで高品質なセンサ設計により、故障や計画外のダウンタイムを回避.

LDLファミリは、IP68/IP69Kの一体型トランスミッタを提供することにより、障害を軽減します。一体型ステンレス製外装と、機械加工されたPEEK測定チップで構成されており、洗浄環境に設置されるセンサで水の浸入点になりやすい端子部やケーブルコードグリップはありません。

コンパクトなプラグアンドプレイセンサで、設置と試運転プロセスが簡潔になります。

市場にある多くの導電率センサは大型でかさばったり、フィールドでマッチングと校正が必要な独立した評価ユニット付きのプローブがあったりします。LDLシリーズはコンパクトなサイズのため、小型システムやスキッドに簡単にフィットし、配管システムに対する機械的ストレスを軽減します。標準の4極M12コネクタにより、端子部を配線する必要がなく、LDLは一体型トランスミッタであるため、フィールドでの校正は不要です。実質的にはプラグアンドプレイのデバイスです。

当社ウェブサイトでセンサのシリアル番号を使用して、工場での校正証明書を無料でダウンロードできます。