1. ホームページ:
  2. NETIS登録製品:建機・特車用周囲確認サポートシステム

NETIS登録製品:建機・特車用周囲確認サポートシステム

3Dカメラ技術を使用したifm efector の建機・特車用周囲確認サポートシステムは

国土交通省の
NETIS 「新技術情報提供システム」に登録されています。

NETIS登録番号:KT-180014-A

新技術名称:建機・特車用周囲確認サポートシステム

登録日:2018522

公共工事等における新技術活用システム」
国土交通省が運営する公共工事等における新技術活用システムは、公共工事等における新技術の活用検討事務の効率化や活用リスクの軽減等を図り、有用な新技術の積極的な活用を推進するための仕組みです。新技術の積極的な活用を通じた民間事業者等による技術開発の促進、優れた技術の創出により、公共工事等の品質の確保、良質な社会資本の整備に寄与することを目的としています。

NETIS」とは?
「NETIS」は、New Technology Information System の頭文字で「新技術情報提供システム」のことをいいます。
新技術の活用促進のため、新技術に係る情報の共有及び提供を目的に整備されたものです。

「新技術」とは?
技術の成立性が技術を開発した民間事業者等により実験等の方法で確認されており、実用化している公共工事等に関する技術であって、当該技術の適用範囲において従来技術に比べ活用の効果が同程度以上の技術又は同程度以上と見込まれる技術を言います。

施工者のメリット
施工者が直轄工事等において新技術を活用した場合、以下のメリットがあります。
試行申請型(請負契約締結後提案の場合)及び施工者希望型により施工者が新技術の活用を提案し、実際に工事で活用された場合は、活用の効果に応じて総合評価落札方式や工事成績評定での加点の対象となります。

工事成績評価点が高得点の場合
1.経営審査制度の評点に一定の得点が加算されます。
2.入札参加資格の工事成績評定点をクリアすることができます。
3.総合評価落札方式の公共工事において、企業の施工能力での加点が期待できます。