You probably do not come from: Japan.  If necessary, change to: United States
  1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. 状態監視システム
  4. 1個でx,y,z3軸方向の 加速度を検出可能な センサ

1個でx,y,z3軸方向の 加速度を検出可能な センサ

  • 3軸での加速度測定で理想的な状態解析
  • VSE診断増幅器に接続して測定
  • IEPE標準による汎用的使用
  • さまざまなアプリケーションに対応する広い測定範囲
  • IP 67、IP 68、IP 69Kの頑丈な外装

効率的な振動診断用
VSM101加速度センサは、x、y、z軸上での振動の変化を検出できます。 この空間認知により、設備のモータや可動部品の場合のように、力やアンバランスが1つの軸に影響するだけではないような、機械の状態監視がシンプルになります。

状態監視の重要なインジケータ
機械とプラントの状態監視において、加速度信号は重要な役割を果たします。 機械の故障や修復不能な損害につながりかねないアンバランスやベアリングの損傷、破損などのさまざまな兆候のインジケータです。 検出された生データは、ifmのVSE診断増幅器などの外部デバイスに伝送されてさらに評価されます。

堅牢性: MEMS測定原理
VSM101加速度センサはMEMSチップ(静電容量式測定原理)に基づいており、過酷な産業アプリケーション向けに設計されています。 MEMS技術により、センサの適切な機能を診断増幅器でアクティブにチェックできます(セルフテスト)。

広い互換性: IEPE標準
センサはデータをIEPE信号に従って伝送します。これは加速度センサなどの市場の標準です。 IEPEデバイスのメリットは、接続ケーブルのタイプや長さには無関係に、常に感度が高いことです。