You probably do not come from: Japan.  If necessary, change to: United States
  1. 製品ニュース
  2. 状態監視
  3. 状態監視を簡単に実装

状態監視を簡単に実装

  • シンプルな機械に好適なオンラインでの状態監視
  • 産業向けEthernetシステムに、シームレスに直接統合
  • シンプルなリアルタイムインジケーターによる自動アラート

IO-Linkによるパフォーマンス向上

  • 生信号キャプチャで高度な解析
  • IO-Linkにより、制御盤や大規模な配線は不要

産業用機械のリアルタイムメンテナンス
産業グレードの機械保護を、既存の制御プラットフォームに直接統合できます。 衝撃、コンポーネント疲労、摩擦などの一般的な障害条件において機械の状態を常時監視します。 これにより、大きな損傷や障害、生産ダウンタイムが発生する前に、タイムリーに予測可能なメンテナンスのスケジューリングができます。 断続的な監視システムとは異なり、機械は永続的に常時保護されます。

IO-Linkにより簡単な接続
産業で実績のあるIO-Linkシステムにより、インダストリ4.0のテクノロジを、既存の制御プラットフォームに簡単に直接統合できます。 高価な補助ネットワーク、ゲートウェイ、ITサポートは不要です。 IO-Linkマスタは状態信号を制御側に送信し、計算された振動の生データを上位システムに送信する機能があるので、高度な解析が可能です。

測定値
振動センサVVB001は、機械のエラーを検出するために使用される、様々な測定値を取得して解析します。

v-RMS(機械のゆるみ状態)
振動速度の実効値、コンポーネントの疲労を特定

a-RMS(機械の摩擦状態)
加速度の実効値、機械的摩擦を特定

a-ピーク(機械の衝撃状態)
最大加速度、機械的衝撃を特定

クレストファクター
a-ピーク/a-RMSは機械の全体的な状態の重要な測定値の1つです。

温度
過度な摩擦はその他の影響(電気的要因等)により生じる温度上昇を特定します。

生データ
損傷の場合に詳細な解析や原因解析を行うため、センサは記録された加速度の生データも提供します。 これはリクエストによりBLOB(Binary Large Object)として発行され、IO-Link経由で伝送されます。 システムは動作状態を4秒間隔で記録して、数分間のデータを上位システムに伝送できます。