1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. プロセスセンサー
  4. キャリブレーションチェックテクノロジー: セルフチェックを実行する温度センサー

キャリブレーションチェックテクノロジー: セルフチェックを実行する温度センサー

  • 精度が逸脱した場合にはただちに通知
  • キャリブレーション間隔の間の品質保証を向上
  • 堅牢な設計で、過酷な環境でも永続的に正確な測定

IO-Linkによるパフォーマンス向上

  • 診断値をログに記録するため、透明性のあるセンサー監視
  • シミュレーション機能により取付けを簡素化

温度の影響を受けやすいプロセスで最大の信頼性
インラインキャリブレーションプロセスの向上により、TCCは全測定範囲にわたって± 0.2 Kの精度を達成します。 そのため食品やゴム、カーボン加工などの、温度の影響を受けやすいプロセスでの使用に最適です。 またTCCは自身の信頼性を常時監視することによって、スムーズなプロセスと高い製品品質を保証します。 センサーが個別に定義される許容値から逸脱した場合、またはセンサーの誤動作の場合、はっきり見やすいLEDと診断出力で、対応する信号を送ります。

長期間使用できる堅牢な設計
完全溶接で密封された外装と新しいプローブ設計により、TCCは湿気や熱衝撃、機械的衝撃、振動に対して、永続的な耐性を持ちます。

永続的な状態チェック
キャリブレーションチェックテクノロジーにより、TCCは自身のドリフト動作を永続的にチェックします。 センサーは温度値を同時に測定される基準値と比較します。 逸脱が、0.5~3 Kの間で設定可能な許容範囲外の場合は、TCCは光学信号を提供し、IO-Link経由と診断出力経由で中央のコントローラーにメッセージを送信します。 深刻な誤動作の場合も同様です。

イベント関連の測定による品質保証
特に正確な温度値が製品品質に大きく影響する生産プロセスでは、測定値が絶対的に正確であることが重要です。 TCCにより、プラントオペレータはドリフトの際に、次の計画校正の時期を待つのではなく、イベント関連の測定を実施できます。 これにより、欠陥のある温度によって生産バッチ全体が失われるリスクを軽減します。

透明なセンサー通信
視覚的な通知とデジタルの通知: TCCは現在の状態をシンプルかつ明確に示します。 センサーのLEDが緑色の場合、センサーは確実に動作しています。 青は温度が許容範囲外に逸脱したことを示します。 赤はメイン測定素子の障害など、重大な誤動作を示します。 またTCCは、 取付け日、動作時間、温度ヒストグラムに加えて、イベントメッセージ(動作時間とイベント番号)およびキャリブレーションチェックステータス(動作時間、温度値、ドリフト地、リミットと状態)に関するログ記録など、一貫した文書化に必要なすべてのデータを、IO-Link経由で自動的に保存します。

シミュレーションモード: 取付け前から信頼性を保証
TCCがメッセージを送信する値を、ソフトウェアから定義できます。 シミュレーションモードでは、プロセス温度と基準温度等を自由に選択して、センサーがコントローラーに正しく組み込まれているかどうかを検証できます。 このプロセスシミュレーションにより、TCCが提供する高レベルの信頼性は完璧です。