1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. プロセスセンサー
  4. 圧力センサーと温度センサー内蔵の熱圧縮空気メーター

圧力センサーと温度センサー内蔵の熱圧縮空気メーター

4つのプロセス値(体積流量、圧力、温度、積算機能=積算量メーター)を読取り可能で、エネルギー管理を効率化

  • 消費量の正確な測定により、エネルギーコストを正確に割り当て
  • 漏れ監視によるエネルギー効率の向上
  • 設置、メンテナンス、およびハードウェアのコストを削減
  • DIN EN ISO 50001に準拠の包括的なエネルギー管理システムの基礎を構成
  • 内蔵の圧力センサーで圧力監視

「一体型センサー」でコスト削減
産業界で使用されている圧縮空気向けの新しい熱圧縮空気メーターは、真のオールラウンダーとして卓越しています。 内蔵の温度センサーがあるだけではなく、圧力センサーも備えており、4つのプロセス値(体積流量、圧力、温度、積算機能=積算量メーター)を一度に読取り可能で、生産を最適化できます。

圧縮空気の監視を一目で
SD圧縮空気メーターを既存のメンテナンスユニットに組み込んだり、新規に設置したりすることにより、さらに利点があります。 産業界で使用される圧縮空気のプロセス値を、組込みのTFTディスプレイにより一般的な圧縮空気ネットワークで効果的に監視できます。ディスプレイは個別に調整可能4つのグラフィックレイアウトから選択できます。 プロセス値はIO-Link経由で伝送することも可能です。

設備内に漏れ監視を組込むことによるエネルギー効率の向上
SDの正確な流速監視により、漏れの検知とエネルギーコスト削減が可能です。 また、繰返し精度が高いため、圧縮空気のコストをそれぞれの生産ラインに正確に割り当てることができ、製品コストの計算も最適化できます。

動作圧力の効率的な監視
内蔵の圧力測定により、汚れたフィルターシステムでの圧力低下と、圧縮空気システムの全般的な動作圧力の両方を、最適に監視できます。理想の0.63MPaではなく0.5MPaで動作しているアクチュエータが設備に含まれる場合、負荷速度はすでに25%減少して生産性の低下につながるため、この監視は非常に重要です。 一方、過度な動作圧力によって性能が向上するわけではなく、圧縮空気の消費量が増加しユニットの摩耗も進みます。

DIN EN ISO 50001に準拠の包括的なエネルギー管理システムの基礎を構成
エネルギー効率に関するEU指令DIN EN ISO 50001に従って、すべての加盟国はエネルギー節約を達成することを約束しています。 エネルギー税の減免を受けるための要件は、エネルギー管理システムを実装することです。 この規格では、測定データの正確性と繰返し精度を保証するため、測定機器の校正記録が必要とされます。 新しいSD圧縮空気メーターを通常のDAkkS校正と組み合わせることにより、信頼性の高いエネルギー管理システムの最適な基礎を実現できます。

設置、メンテナンス、およびハードウェアのコストを削減
複数の測定パラメータをたった1台のセンサーに統合することにより、ハードウェアコスト(圧力センサー、温度センサー、配線と入力カード)を大幅に削減するだけではなく、設置とメンテナンスのコストも削減できます。