1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. プロセスセンサー
  4. CIP監視用導電率センサーLDL200 – 新しいアプローチ

CIP監視用導電率センサーLDL200 – 新しいアプローチ

  • 時間を基にした洗浄プロセスに関連する不正確さを軽減
  • 柔軟な測定ポイントでプロセスの性能向上
  • コンパクトで高品質なセンサー設計により、故障や計画外のダウンタイムを回避
  • 設備と試運転プロセスを簡素化
  • 測定値を損失なく信号伝送

アプリケーション
このセンサーは食品産業の洗浄プロセス(CIP)で使用されます。 洗浄剤の濃度を検出して、すすぎ水の残留物をチェックし、製品検証を行います。

可能性
プロセス中の正確で迅速、かつ信頼性の高い測定が、プラントの可用性向上と洗浄サイクルの最適化に役立ちます。 洗浄剤の量を削減し、すすぎ中のエネルギー消費量や水の消費を抑え、結果的に大幅なコスト削減を実現します。

ifmを使用するメリット
シンプルな注文プロセス、非常に短い納品期間、アプリケーションへの容易な統合 – ご興味をお持ちいただけましたか?

LDLの特長一覧:

試運転時間を大幅に短縮

  • 追加の増幅器は不要
  • M12を使用するシンプルな配線

頑丈で小型形状

  • 完全溶接のステンレス外装で水の浸入を予防

魅力的なオファー

  • 高可用性と迅速な納品期間
  • 柔軟なアダプターコンセプトにより、在庫を削減/簡素化

LDL200を選ぶ理由

可用性 クオリティー 性能 食品産業向け
製品一覧
短納期。
無料の工場証明書
(ダウンロード)
堅牢で小型設計のため
温度および振動に
耐性
IO-Link使用により
全測定範囲にわたって
高い分解能
CIPなど、すべてのプロセス
向けセンサーを提供

食品産業における典型的な洗浄プロセス

アプリケーション
流れの入口と出口にセンサーを1つ置くだけで、以下を測定できます。

  • すすぎ水内の洗浄液の濃度
  • すすぎ水の汚れ
  • 洗浄プロセス中の戻りパイプ内の残留製品

典型的な洗浄プロセス

アプリケーション
流れの入口と出口にセンサーを1つ置くだけで、プロセス水、苛性溶液、酸性溶液による洗浄プロセスの、様々な段階を検証できます。

メリット

  • 導電率センサーを使用することで、必要な水と薬品の量を削減できます。 オンデマンドの洗浄とすすぎでオンデマンドの洗浄とすすぎです
  • 洗浄プロセスの品質が再現可能になります

IO-Linkによる付加価値

損失のない信号伝送
導電率と温度の値をデジタル伝送
プラグアンドプレイ
自動パラメータを使用して簡単に実装
プロセスの透明性
内部ヒストリーメモリ機能