1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. ポジションセンサー
  4. 8 mまでのM30超音波センサー

8 mまでのM30超音波センサー

常時レベル測定と物体検出 - 音波ビームの幅はIO-Linkから簡単に調整可能

  • 音波ビームの幅はIO-Linkから簡単に調整可能
  • M30設計の検出距離は最高8 m
  • ティーチボタン、回線からのティーチ、またはIO-Linkから簡単に設定
  • 振動する音響変換器がホコリの蓄積を軽減
  • 堅牢なステンレス鋼外装

長い距離
M30設計のifmの新しい超音波センサーは、最高8 mの長い距離が特徴です。 これにより、遠くの物体の検出や、バルク材料や液体などの常時レベル監視に特に適しています。 光電センサーとは異なり、検出体の透明度や物体表面の光沢は、検出に影響しません。

調整可能な音波ビーム
レベルアプリケーションでは、スペースが限られているために、タンク内で望ましくない反射が生じることがあります。 これは不正確な測定結果につながります。 IO-Linkにより、音波ビームはアプリケーションにあわせて個別に設定できます。 IO-Linkにより、インダストリー4.0を見据えた準備に最適です。