1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. IO-Link
  4. オートメーションとITに対応するIO-Linkマスタ

オートメーションとITに対応するIO-Linkマスタ

クーラントや食品分野で、センサーをPLCやIT環境に接続する堅牢なIO-Linkマスタモジュール

  • 新しいIoTコアでインダストリー4.0に対応
  • オートメーションとITネットワークとの分離
  • V1.1の全機能を備えたIO-Linkポートx4 または x8
  • PROFINET、EtherNet/IP、EtherCat、またはTCP/IP JSON
  • マスタとデバイスはLR DEVICEソフトウェアから設定可能

オートメーションとITに対応するIO-Linkマスタ
分散IO-Linkマスタモジュールは、IO-Linkセンサーとフィールドバスとの間のゲートウェイとして機能します。また、同時にトセンサーの重要な情報をIT環境に送信できます。独立したIoT Ethernetソケットにより、ITネットワークをオートメーションネットワークから完全に分離してセットアップできます。センサー情報は確立されたTCP/IP JSONインターフェースを介してIT環境に伝送されます。

過酷なアプリケーション向けの堅牢なフィールドバスモジュール
特殊な外装材質と高い浸入耐性(IP 67またはIP 69K)により、クーラントアプリケーションや食品産業のウェットエリアで直接使用できます。ecolink技術により、接続ケーブルを高い信頼性と恒久的な浸入耐性のM12接続を保証します。

特徴とユーザーメリット

  • オートメーションとITネットワークとの分離

マシンのアップタイムは最優先事項です。オートメーションネットワークが外部の要因によって中断されることは、何としても避けなければなりません。そのため、このユニットはITとオートメーションネットワークを分離する、独立したIoT Ethernetソケットを特徴としています。つまり、重要なセンサー情報を安全にITおよびERPシステムに送信できます。

  • LR DEVICEによるセンサー設定

直感的に操作できるソフトウェアで、ネットワーク内のすべてのIO-Linkマスタを検出し、装置全体の概要を作成できます。また、接続されたすべてのセンサーがそれぞれのパラメータとともに表示されます。そのため、システム内のすべてのセンサーのパラメータを中央の1点から設定できます。

  • センサー接続が容易

センサーとアクチュエータは、標準M12接続ケーブルでシールドなしで接続されます。デバイスタイプによって、4つまたは8つまでのIO-Linkセンサーを接続でき、3.6 Aまでの電源を使用できます。EVC693またはEVF693アクセサリーを使用すると、IO-Linkアクチュエータ接続用にさらに補助電力を供給できます。ケーブル長は最長20 mまでサポートします。