1. ホームページ:
  2. 製品
  3. RN6057

廃止品 - 参考資料

廃止品
廃止日: {{"2016-12-31T00:00:00.000+01:00" | date}}

RN6057

Absolute singleturn encoder with solid shaft

RN-4096-S24/K B

{{'OPTIONAL_INFO' | productAvailability | error}}

お客様
申し訳ございません。このデータシートのご要望の言語バージョンはありません。ご質問はメールでお問い合わせください。

よろしくお願い申し上げます。
ifmチーム


Go ifmonline –e-shopでご注文いただきました製品は、 すべて国内使用向け仕様にて出荷させていただいております。何卒ご了承ください。大口のご注文は0120-21-1668
(営業時間月~金 9:00~17:00 )

  • 正確な位置、速度、角度、距離測定用
  • SSIインターフェースから値を直接出力
  • コンパクトで頑丈な外装
  • 高い衝撃耐性と振動耐性
  • スペースが限られている場合に使用できる軸方向プラグ接続
  • ce
  • c_nrtl_us
ダウンロード
Technische Details
製品特性
分解能 4096 分解能、解像度, 4096 ステップ, 12 ビット
通信インターフェース SSIデータインターフェース
シャフト solid shaft
Shaft diameter [mm] 10
アプリケーション
検出原理 absolute
Revolution type singleturn
電気的仕様
使用電源電圧範囲 [V] DC 4.75~30
消費電流 [mA] < 160
出力
コード Gray code, (increasing code values when turned clockwise (seen on the shaft))
コード信号 クロック入力, TTL-compatible signals, clock and clock (inv.) from drivers to RS 485, data output, synchronous serial, TTL-compatible signals, data, and data (inv.), incremental signals, 2 sinusoidal incremental signals (A and B) , phase shifted by 90°, 1 Vss 512 signal periods per revolution
測定範囲 / 設定範囲
分解能 4096 分解能、解像度, 4096 ステップ, 12 ビット
インターフェース
通信インターフェース SSIデータインターフェース
使用環境条件
使用周囲温度 [°C] -40~85
最大相対湿度 [%] 75, (短時間、簡潔に、一時的に: 95 %)
保護構造 IP 64
試験 / 認証
衝撃耐性
100 (x 9.81 m/s²) (6 ms)
振動耐性
30 (x 9.81 m/s²) (55~2000 Hz)
MTTF [年] 46
機械的仕様
重量、重さ [g] 441.8
寸法図 [mm] Ø 58 / L = 66.7
材質 アルミニウム
機械的最大許容回転数 [U/min] 12000
Max. starting torque [Nm] 1
Reference temperature torque [°C] 20
シャフト solid shaft
Shaft diameter [mm] 10
Shaft material
steel (1.4104)
Max. shaft load axial (at the shaft end) [N] 10
Max. shaft load radial (at the shaft end) [N] 20
備考
備考
Wires/pins not connected (n.c.) must not be used.
備考 廃止品
電気接続
コネクター式: 1 x M23 (ifm 1001.11), ラジアル方向, センサーケーブルの最大長さ、接続ケーブルの最大長さ、ケーブル長 最大: 100 m
特性図等
パルスグラフ
1 クロック
2 データ
ifm electronic gmbh • Friedrichstraße 1 • 45128 Essen — 製品改良のため予告無く仕様を変更をする場合があります。取扱説明書等も併せてご参照ください。日本の計量法に適合しない単位表示の製品は日本国内では使用できません。 — JA-JP — RN6057-04 — 12.01.2016 —