1. ホームページ:
  2. 開始ページ

最高レベルのハイブリッド式圧縮空気フローメーター

「一体型センサー」でコスト削減

産業界で使用されている圧縮空気向けの新しい圧縮空気フローメーターは、温度センサーが内蔵されているだけでなく、圧力センサーも備えており、4つのプロセス値(体積流量、圧力、温度、積算機能=積算量メーター)を一度に読取り可能で、生産を最適化できます。


メリット

• プロセスの信頼性:圧力、温度、流量を監視

• コスト削減:エネルギー監視、漏れ監視、およびフィルターシステムのプロセス指向メンテナンス

• 時間短縮:配線、メンテナンス、設置が容易

正確: 高精度、高再現性

個別仕様: Ar、N2、CO2などの技術的ガスの測定用バージョン

バリエーション: 固定層流管に取付けたバージョンと固定管なしのバージョン

流量測定

圧縮空気の監視を一目で把握してエネルギー効率を向上

SD圧縮空気メーターを既存のメンテナンスユニットに組み込んだり、新規に設置したりすることで、産業用の圧縮空気プロセス値を、TFTディスプレイで効果的に監視でき、ディスプレイ表示は個別に調整可能な4つのグラフィックレイアウトから選択できます。 プロセス値はIO-Link経由で伝送することも可能です。

SDの正確な流速監視により、漏れの検知とエネルギーコスト削減が可能です。 また、繰返し精度が高いため、圧縮空気のコストをそれぞれの生産ラインに正確に割り当てることができ、製品コストの計算も最適化できます。

圧力測定

動作圧力の効率的な監視

内蔵の圧力測定により、汚れたフィルターシステムでの圧力低下と、圧縮空気システムの全般的な動作圧力の両方を、最適に監視できます。理想の0.63MPaではなく0.5MPaで動作しているアクチュエータが設備に含まれる場合、負荷速度はすでに25%減少して生産性の低下につながるため、この監視は非常に重要です。 一方、過度な動作圧力によって性能が向上するわけではなく、圧縮空気の消費量が増加しユニットの摩耗も進みます。

温度測定

温度測定により品質のばらつきを最小化

内蔵の温度測定機能により、乾燥などの温度に影響されるプロセスを監視して、生産品質を保証できます。 そのため、SD圧縮空気メーターによりプロセスの信頼性が向上します。

包括的管理システムの基礎
DIN EN ISO 50001準拠


エネルギー効率に関するEU指令DIN EN ISO 50001に従って、すべての加盟国はエネルギー節約を達成することを約束しています。
エネルギー税の減免を受けるための要件は、エネルギー管理システムを実装することです。 この規格では、測定データの正確性と繰返し精度を保証するため、測定機器の校正記録が必要とされます。
新しいSD圧縮空気メーターを通常のDAkkS校正と組み合わせることにより、信頼性の高いエネルギー管理システムの最適な基礎を実現できます。

校正証明書

ISO校正SD(注文コードZC0020)

  • メーカーが作成
  • 言語: ドイツ語/英語
  • 指定された製品に適用されます。センサーの注文時にリクエストする必要があります。 その後の注文は、デバイスを返却した場合に限って可能です。

流体センサーの6ポイントDAkkS校正(注文コードZC0075)

  • DAkkS要件に従って作成(ドイツ認定機関)
  • 言語: ドイツ語/英語
  • 6つの流量値での校正(定格直径による)
  • 指定された製品に適用されます。センサーの注文時にリクエストする必要があります。 その後の注文は、デバイスを返却した場合に限って可能です。

LR DEVICEで簡単に設定

LR DEVICEソフトウェアを使用することで、IO-Linkマスタによる迅速で簡単なパラメータ設定が可能です。 新しい熱圧縮空気メーターのオンラインまたはオフラインでのパラメータ設定用に、明確な構造のインターフェースを提供します。 既存のパラメータセットを別のデバイスに伝送できます。 これにより取付けに必要な時間を削減できます。

流体センサー - スタートアップパッケージ

無料のダウンロードをご利用いただけます:

- プログラムとプログラムブロックの例 (Step7, TIA, RS Logix)- プロセスデータの読取りと書込み- PROFINET、Ethernet、EtherCATへの接続- PLCセットアップ用のデバイス記述ファイル (GSDML、ESI、EDS) - 取扱説明書