1. ホームページ:
  2. IO-Link
  3. メリット

IO-Linkを有利に開始

メリットを活用

現代では、ifmのIO-Linkセンサーを使用するとまったく新しいオプションがあります。

たとえば、最大の効率とコスト削減を達成するために追加のセンサーデータが生成されます。これにより、マシンからERPのプロセスの透明性が向上し、既存の自動化を最適化できます。IO-Linkには他にもさまざまな機能があります。

 

» 測定値の損失がありません

» 複数の測定値

» ノイズ耐性

» センサーの交換が容易

» 改ざんの恐れがありません

» 識別

» 断線の検出

 

 

測定値の損失がありません

測定値の伝送はすべてデジタルに行われます。エラーの発生しやすいアナログ信号の伝送と計算を排除します。デジタルに伝送される測定値は、制御室に直接表示できます。

IO-Linkでのアナログまたはデジタル

現在:
アナログ信号はA/D変換器でデジタル化され、PLCでスケーリングされます。
このため、実際の測定値からの誤差が生じます。

IO-Link:
測定値はデジタルでセンサーからコントローラーに伝送されます。
そのため、伝送された値は常に測定値とまったく同一です。

LRレベルセンサーは油圧ユニットのレベルを測定するために使用されます。すべてのパラメータ設定とスイッチポイントのプログラミングは、2つのプログラミングボタンまたはIO-Linkから行えます。交換時、パラメータが新しいセンサーに自動的にコピーされます。手動で入力する必要はありません。

 

↑ トップに戻る

 

複数の測定値

冷却配管などのプロセス制御では、複数のプロセス値をピックアップしてコントローラーで処理することがよくあります。そのため、従来の測定ポイントには流体センサー、積算流量計、温度センサーなど、複数のセンサーが備わっていました。IO-Linkセンサーは複数のプロセス値を測定してデジタルに伝送できます。センサーは流量、積算流量、媒体温度値を、標準の3線ケーブルで、デジタルで正確に伝送します。追加のセンサーが不要なため、エンジニアリングと取付けの時間を大幅に短縮できます。最小値と最大値など、非周期的にアクセスされる診断データにより、状態ベースのメンテナンスが可能です。

 

↑ トップに戻る

 

ノイズ耐性

信号が外部の影響を受けません

IO-Linkのデータ伝送は24 V信号に基づいているため、外部の影響を非常に受けにくくなっています。IO-Linkセンサーは標準のM12コネクタで接続されます。シールド付きケーブルと関連する接地が不要になります。

油圧システム内のシステム圧力の監視には、ifm PN型圧力センサーが使用されます。プロセス信号、イベント、パラメータは、IO-Link経由でマスタに伝送されます。さらに、最高8台のIO-Linkセンサーを直接マスタに接続でき、マスタはデータをPROFINET、EtherCat、Ethernet/IPまたはPROFIBUS経由でコントローラーに伝送します。

 

↑ トップに戻る

 

センサーの交換が容易

IO-Linkマスタは接続されているすべてのセンサーのパラメータを保存しています。交換後、以前のパラメータが新しいセンサーに自動的に書き込まれます。必要なセンサー設定を調べる必要はありません。

LRレベルセンサーは油圧ユニットのレベルを測定するために使用されます。すべてのパラメータ設定とスイッチポイントのプログラミングは、2つのプログラミングボタンまたはIO-Linkから行えます。交換時、パラメータが新しいセンサーに自動的にコピーされます。手動で入力する必要はありません。

 

↑ トップに戻る

 

改ざんの恐れがありません

標準化されたセンサーパラメータ設定により、デバイスの操作キーをロックできます。そのため、オペレーターが設定を誤る可能性がなくなります。パラメータの文書化はいつでも可能です。

ifmのPIタイプ圧力センサーはタンク内のレベルを検出します。操作キーによって後から設定を書き込むことで生じる改ざんを防ぐため、IO-Linkから操作キーをロックできます。

 

↑ トップに戻る

 

識別

IO-Linkは一義的なデバイス識別を保証します。IO-Link対応のセンサーは、ベンダーとデバイスIDで明確に識別できます。元のスペア部品のみ使用されることを保証します。

直列接続において、互換性のある工具を識別および検出します。
O5D光電センサーは、選択された工具が固定用金具内にあるかどうかを検出します。IO-Linkにより、交換時に同じタイプのセンサーのみが使用されることが保証されます。

 

↑ トップに戻る

 

断線の検出

IO-Linkのプロセスデータ伝送とサービスデータ伝送は同時に行われます。断線や短絡はマスタによって直ちに検出されます。診断データは動作中にも評価できます。

SMシリーズの電磁誘導式インライン流体センサーを使用して、冷却配管の流量を正確に監視します。エラーが発生した場合は、診断データがマスタからコントローラーに伝送されます。故障したセンサーは一義的に識別されます。

 

↑ トップに戻る