1. ホームページ:
  2. IO-Link
  3. 使用ケース / その他のアプリケーション
  4. アプリケーションレポート:SFH

アプリケーションレポート: SFH、ifmのIO-Linkソリューションを使用してプラントを最適化

SFHはフルードシステムと切屑処理システムを開発および製造しています。 同社は長年にわたりifmと緊密に協力してきましたが、この度マシンにIO-Linkセンサーとマスタを装備して、 パラメータ設定の容易さ、迅速な交換、リモートメンテナンス、配線の大幅な削減といったIO-Linkのメリットを享受することを決定しました。

SFHは1981年にサン=テティエンヌ(フランス)で設立され、成長するグリーン部門を柱としています。 深絞り成形からの金属「スケルトン」は、切断してスピン乾燥を行ってから圧縮されます。 切削油は工作機械に戻ります。 SFHは航空、自動車、および化粧品産業でも活躍しています。 ifmは20年間にわたって同社の最も重要なサプライヤであり、同社のマシンの開発に協力してきました。

2017年、SFHはプラントのマシンをさらに発展させてオートメーションを最適化することを決定しました。 デジタル製造とインダストリー4.0に重点が置かれました。 この点において、SFHはifmのIO-Linkセンサーとマスタを使用しています。

O1D120およびO5D100光電距離センサーを使用して、処理する金属の切屑や、その他機械加工くずのレベルの測定と監視を行います。 プラントの油圧装置には、PN7圧力センサーとTA温度センサーが装備されました。

SFHはIFT200高周波誘導式近接センサーに、AL2401タイプのIO-Linkモジュールを使用しています。 AL2330タイプのモジュールは、バルブ端子の制御に使用されます。 また、IO-Linkを備えたROPエンコーダも使用しています。 SFHは新たに装備されたプラントを、ifmのLR DEVICEソフトウェアで管理しており、すべてのセンサーの概要を完璧に把握できます。 センサーのパラメータはリモートから設定でき、収集された情報を視覚化します。 そのため、状況ベースのマシンメンテナンスが可能です。

すべてのマシンにIO-Linkを装備することにより、SFHには多くのメリットがあります。 マシンの配線と試運転にかかる時間は、以前と比較して30 %削減できました。 各センサーのデータを読みだすことで、メンテナンスとリモート診断が大幅に簡素化されます。 またIO-Linkにより、さらなる柔軟性が保証されます。 センサーやアクチュエーターの交換がかなり容易になります。 必要なパラメータは自動的に保存され、新しいデバイスに伝送されます。