プロセスタンクでの媒体検出

ifmのLMTレベルセンサーは、タンクのアプリケーションでローレベルとハイレベルまたはポンプ動作のドライ状態を判断するスイッチとして使用されます。 通常、フィードバックは媒体が存在するときに「ON」となり、媒体が存在しないときに「OFF」となります。

IO-Linkデータの追加機能:

IO-Linkを使用することで、追加情報にアクセスできます。 IO-Linkにより、実際のデジタルプロセス値を使用して、水や牛乳などの媒体の種類を判別することができます。IO-Linkの値は、媒体とセンシング面の付着を区別するために使用できます。 媒体の識別は、洗浄プロセスにおいて重要です。 媒体が払い出されたら、クリーニングプロセスを開始して生産時間を最大化することができます。

連続タンクレベル測定

PI型圧力センサーは、4~20mAとスイッチング出力を提供します。 従来のアナログ信号はEMC障害を受けやすく、PLCでのシステムの実際の圧力をしめすためにスケーリングする必要があります。

高圧および低圧スパイクはセンサー内部に保存されますが、制御システムに直接アクセスすることはできません。

IO-Linkの追加機能:

IO-Linkにより、信号にスケーリングすることなく実際の圧力値にアクセスできます。 例えば、0~100kPaの圧力センサーでは、同じ値の範囲がスケーリングすることなく正確に制御システムに送信されます。

センサーから高圧と低圧の値を取得することにより、予期せぬ圧力スパイクやディップを直接監視することができます。 これはセンサーの故障や汚染された製品につながる可能性があるため重要です。

パストライザー(低温殺菌装置)の冗長温度測定

牛乳生産中は、正確に温度が維持されることが非常に重要です。 ifmのTAD温度トランスミッターの自己監視機能と診断機能により、プロセスがスムーズに実行されます。 TADセンサーは、食品産業のためのドリフト検出を備えた最初のセンサーです。 センサーは、プロセスの信頼性を直接的に高める、異なる特性をもつ2つの独立した測定素子で設計されています。 ドリフトが発生すると、警告信号がPLCに送信されます。

IO-Linkの追加機能:

IO-Linkは両方の温度素子の監視を可能にします。 さらに、両方のあたりの平均である第3の値が制御システムに送信されます。 つまり、3つの異なる温度信号を1本のケーブルで送信して監視することができます。 冗長温度信号は、機械プロセスに基づいてカスタマイズされたドリフト検出を可能にし、センサーの構成が低減される解決策を提供します。

鋳造工場での冷却水の監視

典型的な炉内の冷却システムは、適切な機械操作および高品質部品の製造プロセスにとって重要です。 さらに、要素の正確な冷却は、機械のライフサイクルおよび安全性を改善します。 これを行うために、冷却水の流れに関するパラメータ、例えば流量および温度を正確に監視する必要があります。 そのために、通常は複数のセンサーと設置場所が必要です。

IO-Linkの追加機能:

ifmのSM電磁流量計は、IO-Linkを介して流量、温度、積算値を標準の3線式ケーブルで送信します。複数の高価なアナログカード、余分な管継手、多数の終端点、過剰な在庫を排除します。