1. ホームページ:
  2. IO-Link
  3. 視覚化/パラメーター設定

IO-Link | 視覚化/パラメータ設定

IO-Link - 簡単に始められます

パラメータ設定と視覚化

  • IO-Linkマスタを介して、迅速かつ簡単にパラメーターを設定
  • 見やすい表示
  • 迅速で簡単なパラメーター設定 (1対多)
  • パラメータセットを伝送可能

LR DEVICE

LR DEVICEは、IO-Linkセンサーおよびマスタのオンライン / オフラインでの明確に構造化されたパラメータ設定用ソフトウェアです。IO-Linkインターフェースを備えたAL11xxシリーズから、すべてのセンサー、アクチュエーター、ifmマスタの一貫したパラメータ設定と視覚化を可能にします。標準機能には、IODDのインポートおよび接続されているデバイスの自動認識が含まれます。調整可能なパラメータが明確に提示されるため、デバイス機能を簡単に定義できます。パラメータセットは保存して伝送できます。

また、文書化のためにPDFファイルとしてアーカイブすることも可能です。プロセス値はセットアップ中にグラフィックで表示されます。このため、それぞれのアプリケーションに対してパラメータを最適化しやすく、装置の円滑な運転が保証されます。

測定値のコントローラーへの伝送

IO-Link sensorはPLCで利用できる様々な機能を提供します。このような機能を実際に使用するためには、機能を個別にPLCに実装する必要があります。

特に必要なユーザーインターフェースの実装は現在では非常に時間とコストのかかる作業です。ifmは、すぐに使用できるプログラミングサンプルとアプリケーションを提供します。構成とセットアップが大幅に容易になり、エラーを回避できます。