1. ホームページ:
  2. IO-Link

ifm IO-LINKによる2点間通信

素晴らしいIO-Link技術

従来は、センサーは通常、単純なスイッチング信号またはアナログ値を出力するものでしたが。現在では、インテリジェントなセンサーから出力されるデータが、次の産業革命のベースとなっています。キーとなる技術IO-Linkを使用して、マシンや機器から様々な情報を出力することが可能になりました。

IO-Linkは業界をリードするセンサー、アクチュエーター、制御のメーカーが共同で開発した規格です。その結果、標準化されたフィールドバスに依存しない、自動化向けインターフェースが生まれました。複雑なアドレス設定なしで2点間通信

素晴らしいIO-Link技術のアプリケーションについて是非とも弊社にご相談ください。明日の生産プロセスの生産性と競合力を向上させます。

IO-Linkを有利に開始

現代では、ifmのIO-Linkセンサーを使用するとまったく新しいオプションがあります。たとえば、最大の効率とコスト削減を達成するために追加のセンサーデータが生成されます。これにより、マシンからERPのプロセスの透明性が向上し、既存の自動化を最適化できます。IO-Linkには他にもさまざまな機能があります。

IO-Link製品範囲

IO-LinkシステムはIO-Linkマスタと複数のIO-Linkデバイスで構成されます。

IO-Linkはメーカーに依存しない2地点間通信システムで、センサーとアクチュエーターを自動化システムに接続するために使用されます。IO-LinkシステムはIO-Linkマスタと複数のIO-Linkデバイスで構成されます。IO-Linkマスタはコントローラーまたはフィールドバスレベルへのインターフェースを提供し、接続されたIO-Linkデバイスと通信します。

このセクションでは、IO-Linkに関する補足情報をダウンロードできます。

IO-Link - 接続のことならお任せください

機能やメリットから、アプリケーション例、センサーおよびシステムコンポーネントまで、IO-Linkに関して知っておくべきことがすべて、このコンパクトなカタログに収められています。カタログをPDFとしてダウンロードして、IO-Linkを有利に始めましょう。

ご存知でしたか?

完全なセンサーデータを使用しましょう。

ifm製Yパス