エネルギー消費を記録するための圧縮ガスメーター

漏れは、圧縮空気システムにおける無駄なエネルギーの主要な原因であり、コンプレッサ出力の20~30%を浪費することがあります。 エアー漏れはまた、システム動作の問題に寄与し、システム圧力を変動させる可能性があります。 これは、空気作動式機器がより効率的に機能せず、生産に影響を及ぼす可能性があります。 不必要なサイクリングが発生し、動作時間が増加することがあります。 機器のメンテナンスが頻繁になります。ifmのSDエアーフローセンサーは、高価なラインリークの検出と排除を可能にします。

IO-Linkデータの追加機能

圧縮空気監視システムの実装は、通常コストがかかりません。 IO-Linkは、流量、温度、積算値などの複数のプロセス値を1本のケーブルで送信し、多数の高価なアナログカードを排除します。 1つのセンサーが複数のプロセス信号を送信できるため、余分な管継手、センサー、配線がなくなり、最終的には在庫を合理化します。 無駄なエネルギーを検出することによる節約と総設置コストの削減により、迅速な投資回収か可能になります。

圧力センサーによる吸引グリッパーの監視

PN7シリーズの圧力センサーは、吸引グリッパーの適切な操作のために適切な負圧を検出します。 最小値に達していない場合、吸引グリッパーはワークピースやシステムの損傷を防ぐ為に初期位置に留まります。 高圧圧縮エアーネットワークと低圧圧縮エアーネットワークが監視されます。

IO-Linkデータの追加機能

PN7センサーを交換する必要がある場合、自動デバイス交換機能はIO-Linkを介して新しいセンサーにパラメータをコピーすることができます。 これにより、時間を節約し、スイッチポイントの設定時に起こりうるエラーを防止します。 圧力センサーは、ON/OFFスイッチやIO-Linkを介したアナログ機能としても使用でき、1つのセンサーでデジタルとアナログの両方のアプリケーションに対応できます。 IO-Linkは、コストと在庫を低減します。

アセンブリプラットフォームの衝突チェック

光学式距離センサーのO1Dシリーズは、アセンブリプラットフォームにて車体の有り無しを検出します。 車体がその領域内を搬送される前に、ハンガーが下げられ、その後に車体がしっかりと位置決めされます。 O1Dの位置は重要であり、アプリケーションを変更する必要がある場合、アセンブリラインの停止なしで設定することはできません。

IO-Linkデータの追加機能

このアプリケーションでは、リモート設定が重要です。 O1D距離センサーはアクセスが困難な位置に取付けられており、生産ラインを停止することなく調整することはできません。 異なる生産モデルに変更されると、IO-LinkによりセンサーのパラメータをPLC/プロセッサからリモートで変更することができます。 ラインを停止する必要はありません。