1. ホームページ:
  2. 3DセンサーO3D
  3. テクノロジー

3DセンサーO3D - 技術

タイムオブフライト (PMD) 技術を利用するO3D 3Dセンサー

タイムオブフライト (PMD) 技術により、23,232ピクセルの画像1枚のキャプチャーのみで状態および物体を3次元でモーションブラーなしで確実に検出します。場面は目に見えない変調された赤外線光で照射され、反射光がPMDセンサーに当たります。

1) 赤外線LED

4つの高出力IR LED (830nm) がO3Dの視野全体を0.3m~5mの範囲で照らします。LEDは傷のつきにくいガラスで保護されています。

2) レンズ

レンズはO3Dの視野を判定します。アプリケーションにあわせて、60° x 45°おおび40° x 30°のバージョンから最適なものをお選びいただけます。レンズ外装全体も傷のつきにくいガラスで保護されています。

3) PMDイメージャー

PMDタイムオブフライト画像センサーは、176 x 133ピクセルで状況を判定します。特許取得の背景抑制も備わっており、アプリケーション環境の光の条件が変化しても影響されません。

4) M12 Ethernetプロセスデータインターフェース

M12 Ethernetインターフェースを、センサーのパラメータ設定と、産業用Ethernetネットワーク (TCP/IPおよびEIP) 経由での送信データの通信の、両方に使用できます。パラメータは無料のifm Vision Assistantを使用して設定します。

5) M12電源

8ピンM12コネクターはセンサーへの電源供給とデジタル/アナログ出力用のインターフェースの2役をこなします。