1. ホームページ:
  2. 3DセンサーO3D
  3. アプリケーション
  4. 容量決定

3DセンサーO3D – 容量判定

O3D 3Dセンサーによる容量判定

新しい3Dセンサーは革新的なタイムオブフライト技術で商品の寸法を判断します。例えばパッケージのパラメータが定義された範囲外の場合に、しきい値で信号を送ります。

  • 段ボール箱や荷物などの直方体の物体の寸法を非接触で計測
  • 寸法、方向、位置の判定と比較
  • ストラップの長さと量を計算するため、高さ、幅、長さを提示
  • 品質パラメータで、損傷や変形のある物体を検出
  • スイッチング出力とEthernetプロセスデータインターフェース

内部物流の革命

パレット、郵便物受渡し部署、保管ビル、物流センターや流通センターで、使用できる保管容量によってキャパシティとコストが決まります。供給時にスペース要件を確実に最大限まで活用することが重要なのはそのためです。

新しい3Dセンサーは革新的なタイムオブフライト技術で商品の寸法を判断します。例えばパッケージのパラメータが定義された範囲外の場合に、しきい値で信号を送ります。WMS (倉庫管理システム) またはERP (企業資源計画) による自動化保管スペース計画向けに、物体のサイズ、方向、位置を提示します。データはロボットの制御、機器や流通ゲートの整理にも使用されます。センサーは堅牢な上に取扱いが容易で統合がシンプルであることで知られています。

容量判定のメリット

  • 段ボール箱や荷物などの直方体の物体の寸法を非接触で計測
  • 寸法、方向、位置の判定
  • ストラップの長さと量を計算するためのデータを提示
  • 品質パラメータで損傷のある物体を検出
  • タイムオブフライト (ToF) 技術で色に影響されず外部からの光にも耐性あり

シンプルで便利なセットアップ

  • デジタルI/OまたはEthernetインターフェースで統合
  • 設定は迅速で、通常3分未満
  • 配線ウィザードが最初のセットアップを支援