1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. プロセスセンサー
  4. カルマン渦式流体センサーインライン型で高機能ディスプレイ付き

カルマン渦式流体センサーインライン型で高機能ディスプレイ付き

カルマン渦式流体センサー: 羽根車式流量計からの置換えに最適

  • 温度測定機能内蔵
  • 反転可能なマルチカラーディスプレイ
  • 回転可能な配管接続 GまたはR
  • プロセス値の設定に合わせて2色でディスプレイを切換え可能
  • 導電性の水または非導電性の水(脱イオン水)でも使用可能

流体の渦流を測定
測定用配管に内蔵されているくさび型の渦発生体の後方で流体はその速度によってカルマン渦を発生します。この渦をピエゾセラミック型のセンサーで検出します。配管の断面が分かっている場合は、渦の数で流量を測定することが可能です。
カルマン渦式の原理として知られているこの流量測定原理は、媒体の圧力と温度の変化による影響をほぼ受けません。シンプルな設計のため、流量測定用センサーの製造をローコストで実現しました。
現在の流量と温度をアナログ信号(4~20mA), 周波数信号またはスイッチング出力で標準化し、オプションでIO-Linkに対応します。