1. ホームページ:
  2. 製品ニュース
  3. プロセスセンサー
  4. 気体 / 液体用熱原理流体センサー

気体 / 液体用熱原理流体センサー

熱流測定の新しい基準

  • 水、油、グリコールおよびエアー向けに最適化
  • 応答時間が短く温度測定機能を内蔵
  • プロセス値に応じて色が赤 / 緑に変化
  • 内部配管の直径は15~400 mmから選択可能
  • 接続は最適な角度に回転可能

測定技術
SA容積測定流体センサーは、熱原理に基づく測定方法を使用しています。測定チップには2つの測定素子と熱源があります。流体が熱エネルギーを吸収して奪う物理的効果を使用し、その結果の温度変化がフローを示します。

デバイスの機能
新しいSAタイプセンサーは、内部配管の直径最大400 mmまでの大規模な配管でもフローと温度を検出して測定するように設計されています。そのためさまざまなアプリケーションに応用できます。スイッチング出力、アナログ信号およびIO-Linkにより、信号をさらに処理するためのさまざまなオプションを提供します。つまり、インダストリー4.0に十分対応できます。